■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
オカルトとしか思えないヨハネの黙示録
キリスト教の世界では、
聖書の言葉はすべてありがたい神の言葉であり、誤りも欠点もない、
ということになっています。
しかし、聖書がありがたい神の言葉だというには
あまりにも難解で現実離れしているとしか思えない箇所があります。
それが新約聖書の最後に収められているヨハネの黙示録です。

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

新約聖書の疑問 | 18:45:42 | トラックバック(0) | コメント(25)
血がつながっていないイエスの家系図? その3
以前、「血がつながっていないイエスの家系図?」と題して、
新約聖書に記されているイエス・キリストの系図について取り上げました。
クリスチャンならご存知の通り、
マタイによる福音書の冒頭と、
ルカによる福音書第3章23節にはイエスの系図が載っています。
5月5日にはマタイの福音書の系図、
5月6にルカの福音書の系図を取り上げましたので、
そちらを参照してください。

それらの記事の中で、
イエスはマリアの処女懐胎によって生まれたことになるのだから、
家系はつながっていないのでは?という話を書きました。

また、マタイとルカの福音書では、
家系図がかなり異なることは多くの人が指摘しています。
この件に関しては、すでにさまざまなサイトで紹介されているため、
私はこのブログではあえて取り上げるつもりはありませんでした。
が、私が書いた記事に寄せられた反論を読んでいるうちに、
やはり私からも何か書きたい気持ちになりました。

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

新約聖書の疑問 | 20:20:07 | トラックバック(0) | コメント(7)
血がつながっていないイエスの家系図? その2
昨日は、マタイによる福音書の冒頭にあるイエスの家系図を取り上げ、
アブラハムとイエスは家系がつながっていないのでは?
という話を書きました。
今回は、ルカによる福音書第3章23節から始まる家系図を取り上げます。

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

新約聖書の疑問 | 17:58:06 | トラックバック(0) | コメント(33)
血がつながっていないイエスの家系図?
皆さんもご存知の通り、旧約聖書にはキリスト以前のこと、
そして、新約聖書にはキリスト以降のことが記されています。
その新約聖書の最初の福音書「マタイによる福音書」の冒頭には、
イエス・キリストの家系図が記されています。
この家系図を読んでいて、どうしても腑に落ちない箇所があります。

(なお、ルカによる福音書3章にもイエスの家系図が記されており、
双方の福音書の間で家系図が食い違うことが多くの人に指摘されていますが、
ここでは割愛してマタイの福音書の家系図について書きます。)

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

新約聖書の疑問 | 21:24:04 | トラックバック(0) | コメント(9)
汝の隣人を愛せなかったイエス様 2
以前、汝の隣人を愛せなかったイエス様と題して、
イエスがエルサレムの神殿で商売人を追い払った話しを書きました。
こちらです)
聖書での該当箇所はマルコによる福音書11:15-19です。

私は信仰を捨てたときに聖書も捨ててしまったので、
あの記事を書いたときは聖書を持っていませんでした。
そして、昨日の日記で書きましたが最近新たに聖書を買いました。
恥ずかしながら、それまで私が不勉強で気付かなかったのですが、
まったく同じ話が聖書の複数の箇所に記されていたんですね。
その記載されている箇所は次の通りです。

・マタイによる福音書 21:12-17
・マルコによる福音書 11:15-19
・ルカによる福音書 19:45-48
・ヨハネによる福音書 2:13-22

と、なんと4箇所にもわたってあの事件の記述があります。
この中で、ヨハネによる福音書には我が目を疑うことが書かれていました。


続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

新約聖書の疑問 | 12:41:39 | トラックバック(0) | コメント(30)
前のページ 次のページ

FC2Ad