■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
学校の生物の授業に戸惑う
私はクリスチャンの家庭に生まれ育ち、
聖書に書いてあることはすべて現実に起こった出来事だと教わり、
いちおうはそう信じてきました。
本当に神様が1週間で全宇宙を創造され、
人類の祖先はアダムとエバで、
人も草木も動物も魚も、すべて最初からその姿で神によって創られたと信じていました。

ところが中学生になり、生物の授業で進化について教わったとき、
私は大きな戸惑いを感じました。
聖書に書いてあることが本当なら、
なぜ教科書もそのとおりに書かれていないんだろう?
私は科学者が言うことは間違いだと教わりましたから、
学校で進化論という「間違ったこと」を学習するのはある意味苦痛でした。
かと言って、テストで聖書のとおりに解答するわけにも行きませんし、
私だっていい点数が欲しいですから、
教科書どおりに覚えたわけですが、
戸惑いのような気持ちがいつもありました。

私のクラスでクリスチャンだったのは私1人だけ。
「みんな間違ったことを信じている。これは大変なことだ。
でも、自分には本当のことを言う勇気がない。
ああ神様、こんな臆病な私をお許しください。
彼らは間違ったことを教わっていることに気付いていないのです」
私はそんな神に対する「罪悪感」を感じながら授業を受けたのでした。
と書くとちょっと大げさですが、少なくとも戸惑いはありました。

ほかのクリスチャンの方はどうでしょうか?
クリスチャンは創造論を強く信じているわけですよね。
では、世間のほとんどの人が進化論を信じていることに心を痛めないのでしょうか?
私は心を痛めていました。
だから、ほかのクリスチャンの方はよく平気だなあと感心します。
ミッション系の学校に生物の授業では聖書のとおりに教えているんでしょうかね?

あの当時の私を思い出すとなんだか情けないです。
教会で教わったことを、「変に素直に」信じる人間だったわけですよ、私は。
キリスト教に限らず、日常生活でも人の言うことを素直に聞く子供でしたから、
そのためにずいぶん痛い目にも遭いましたね。
私の性格とキリスト教は相性が悪かったのかもしれません。
スポンサーサイト


テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

私のクリスチャン時代 | 20:30:42 | トラックバック(0) | コメント(39)
コメント
初めまして。

突然、コメントをさせて頂いて申し訳ありません。

>では、世間のほとんどの人が進化論を信じていることに心を痛めないのでしょうか?

基督教が根強いアメリカでは学校によって、進化論を授業に取り組むかどうかもめていますし、法皇も「科学が全てを説明しようとしてはいけないし、できない」と言っています。

つまり、彼らは心を痛めているのではないでしょうか?

ただし、その反応が相当歪な方向に行っているだけで…。
2007-05-08 火 08:18:28 | URL | van malus [編集]
van malusさん、初めまして。
コメント第1号ですね。
貴方様のブログは興味深く拝見させていただきました。

さて、アメリカはクリスチャン人口が多いですし、
一部のキリスト教団体は学校教育に創造論を取り入れるように抗議している話を聞きます。
それなら、そこまでキリスト教が根強いアメリカが、
世界有数の核兵器や軍事力の保有国であり、
世界で唯一原子爆弾を投下した(それも2回!)国であり、
もっとも戦争で人を殺している国なのはどうしてでしょう?
それに今でも人種差別が根強く残っていますよね。
アメリカ人はやたらに「オーマイガッド!」を連発しますよね。
聖書には「神の名をみだりに唱えてはならない」と書いてあるのに。
聖書の教えを守れないことに心を痛めないのでしょうか?
この辺のところを本当に不思議に思います。

また、確かに科学ですべてを証明することはできませんが、
少なくともおとぎ話のような聖書の世界に比べれば
よほど説得力があると思いますよ。

クリスチャンは聖書が正しいと信じているはずなのに、
なぜ日本のクリスチャンは文部科学省などしかるべき機関に主張しに行かないのか、
不思議だと思いませんか?
2007-05-09 水 22:00:58 | URL | 桃栗 [編集]
下手な独り言の様な駄文に興味を持っていただいて本当に有り難う御座います。

米国からして見れば、日本は当時天皇を「神」として崇めていた時点で十分「邪教」の広まっていた「清めなければならない国」だったと思います。つまり、「隣人を愛せよ」は「同じ(唯一の)神を崇める隣人のみ愛せよ」と解釈しても良いのでないでしょうか?(または、「人」の定義を多少変えれば「サル」を殺しただけになります…。)

また、「神の名を~」に関しては「非常事態」を除いて、そして日常が常に自分一人ではどうしようもない「非常事態」であると解釈することも出来れば、その表現を用いる人は実際、信仰がそこまで深くないと捉えることも出来ると思います。
(基本的に人は自分の見たいものしか見なく、信じたいもの(信じると都合の良いもの)しか信じません。)

最後に、日本の基督教信者に関しては、若干自分の意見がまとまっていないところもありますが、基本的に信仰による自己防衛ではないのでしょうか?
明らかに少数派を成している彼らが下手に筋の通っていない主張をしても、周りに圧倒されるのは容易に想像が付きます。米国では同士が互いに助け合い、「外敵」から身を守ることが出来ても、日本で似た様な行動は比較的難しいです。
つまり、「敵」を刺激して、最悪の場合圧倒されて信仰を失うより、多少の我慢をして、「自分の方が正しい」、と精神的有利な立場にいる方が安全と判断したように思えます。
また、聖書の内容を一句一句「真実」と捉えている人もいれば、抽象的な「哲学書」と捉えている人もいると思います。そして、後者は勿論、科学に対して開放的である以上に物凄く柔軟であると同時に強力な信仰を持っています。
(…今一ハッキリしませんね。後日、出直してきます。)
2007-05-10 木 10:07:26 | URL | van malus [編集]
自分の意見をまとめて記事を書いた際、誠に勝手ながらこちらの記事のリンクを張らせて頂きました。
もしご迷惑の様でしたら、即座に取り外します。
2007-05-12 土 09:56:23 | URL | van malus [編集]
ごめんなさい、平日は仕事が忙しく、この週末はずっと出かけていたので、レスが遅れてしまいます。後ほど改めてコメントさせていただきますね。
2007-05-13 日 22:32:05 | URL | 桃栗 [編集]
van malusさん、大変お待たせいたしました。
非常に興味深いコメントありがとうございます。

>つまり、「汝の隣人を愛せよ」は
>「同じ(唯一の)神を崇める隣人のみ愛せよ」と解釈しても良いのでないでしょうか

まさにこれが「現実」ではないでしょうか。
いくら「隣人を愛せよ」と口では言ってもそれはあくまでも建前であって、
本音は、違う宗教の人たちは愛せないのでしょう。

>また、「神の名を~」に関しては・・・

信仰が深くないからみだりに「オーマイガッド」を連発するのかもしれませんね。

>日本の基督教信者に関しては・・・

結局、聖書の正当性を公然と主張できないのは、
自分たちの信仰に自信がないからとしか思えませんね。
「神を信じていれば恐れることは何もない」と言っていながら、
現実には「守りの体勢」に入っているのですから
なんだか滑稽です。

2007-05-19 土 21:56:13 | URL | 桃栗 [編集]
進化論を否定する
タイトル通り、進化論を否定します。
答えは簡単です。
これは私の独自結論ですが、
もし、進化論が正しいなら、
この世はどうしますか?
人間や動物、虫などが進化し続けて
エイリアンか、宇宙人みたいになってしまいますよ?
普通考えたら、バカらしくて呆れますよ?
では、人間はどうですか?
聖書の記録からすると、天地創造から
今に至るまで、7千年以上になる計算。
天地創造から今に至るまで、人間は
ずっと進化して(エイリアンや宇宙人みたいになって)いないし。
環境によって免疫力などが破壊されているだけ・・・。
だから、ちっとも進化していないから、
進化論じゃない事が分かるでしょう?
花や植物、動物などが新種に生まれたものが
ありますが、それはほとんど、人間の手(DNA操作や交尾・交接させる事など)によって造られたものでしょ?
つまり、神の手によって、人間を造られたものにも違和感はないよ?www
それで自己納得して、進化論を否定した次第です。いろんな事を思慮しているうちに答えがみえてきますよ。
2007-12-23 日 07:11:33 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
愚かな伝道者様
一見、丁寧なご回答のように見えますが、
貴方様のコメントは進化論の否定に終始するだけで、
残念ながら私の疑問への答えとはなっていません。
「タイトル通り」とありますが、
このタイトルのどこに進化論を肯定する意味が含まれていますか?

誤解をされているようですが、
私は進化論が正しいとは一度も発言していません。
私が疑問に思うのは、
世間では進化論が正しいことになっているのに、
なぜクリスチャンがそれに反論しないのかと言うことです。
もし、本当に創造論が正しいなら、
学校教育で聖書を教えるように主張したっていいのに、
アメリカの一部の団体の話を除いてそういう話は聞きませんね。
もし本当に100%創造論が正しいと思っているなら、
堂々と文部科学省に主張してもいいと思うのですが、
少なくとも国内ではただの一度もそういう話を聞きません。

天地創造から現在まで7千年だとすると、
どうやってエデンの園からアメリカ大陸、アフリカ大陸、オセアニア、ポリネシア、アジアなど、
世界の隅々まで人類が分布したのでしょう?
少なくともキリストの時代には世界中に人類はいたはずなのに、
聖書には人類の分布の経過については記述がありません。
それに、ノアの箱舟にどうやって全種類の生物を載せたのでしょう?
その状態で、どうやって1年以上も漂流できたのでしょう?
エサはどうやってやったの? 排泄物はどう処分したの? 
ノアの8人の家族だけで
どうやって箱舟という密室の中で全種類の動物の世話をしたのでしょう?
エベレスト山を含む全世界が水没するほどの途方もなく莫大な量の水は
どこからやってきてどこへ消えたのでしょうか?
いろんなことを考慮するうちに答えが分からなくなってしまいました。

私はFC2のブログに来る前に
ほかのブログで同じ内容の記事を書きましたが、
クリスチャンの方は誰もが躍起になって進化論を否定するばかりで、
私の疑問には答えてくださいませんでした。
誰も進化論が正しいとは言っていないはずですけどね。
2007-12-23 日 10:18:16 | URL | 桃栗 [編集]
23日の桃栗さんの疑問に、答えられそうなところだけ答えておきます。
このページの記事の、進化論に関して提起された問題に回答するものではありませんので、お邪魔でしたら、軽く聞き流してください。(^^)


■天地創造から現在までの期間について
わたしのほうの考えではプロテスタントさんとは異なり、天地創造から現在までの期間を7,000年とは考えていませんので回答はパスします。
参考までに:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148736079


■方舟に全ての動物を入れたのか
ノアは厳密に全ての動物を入れる必要はありませんでした。動物は「その種類にしたがって」子孫を生み出すことができます。ですから、ノアは、その科に属する種類の動物のつがいを舟に乗せるだけでよかったのです。(分かりやすくいえば、「犬の全種類」ではなく「イヌ科」のつがいでよいのです)。そう考えると、実際に箱舟に入れるのは、推定 43「種類」の哺乳類,74「種類」の鳥類,10「種類」の爬虫類でよいことになります。今日知られている多種多様な動物の「種類」が、それら(約130種)の中での交配から生じ得たことは,今の人類の多様性からも証明できます。聖書によると、現在の人間はノアの家族から生じましたが、そのひとつの家族から,皮膚や目の色の異なる人種が生じています。


■全世界が水没させた大洪水はどこからきたのか
創世記1章7節を見ますと、神は創造の際に「大空の下にある水」と「大空の上にある水」を区分されたことが判ります。ですから、初期の地球環境では、「大空の下にある水」(つまり、海)とは別に、大空に水が(多分、水蒸気の状態で)存在しており、それが地球全体を覆ってビニールハウスのような状態をつくっていたのです。大洪水として地上に降り注いだ雨の源は、その「大空の上」に在った水です。


■大洪水の水はどこへ消えたのか
結論からいえば、現在、わたしたちはその水を目にしています。洪水後、「大空の上にある水」が無くなった地上では温度環境が変化し、海の水は南極や北極、その他の地点で氷の状態になりました。地上では山が隆起し、その分、海の底で海溝が開きました、そのため水位が下がり、大洪水の水は地上から引いていったのです。
2007-12-23 日 14:41:37 | URL | isa [編集]
それに、ノアの箱舟にどうやって全種類の生物を載せたのでしょう?
その状態で、どうやって1年以上も漂流できたのでしょう?
エサはどうやってやったの? 排泄物はどう処分したの? 
ノアの8人の家族だけで
どうやって箱舟という密室の中で全種類の動物の世話をしたのでしょう?
エベレスト山を含む全世界が水没するほどの途方もなく莫大な量の水は
どこからやってきてどこへ消えたのでしょうか?
いろんなことを考慮するうちに答えが分からなくなってしまいました。


その答えは簡単ですよ?
イエスは壺に水を入れて宴のところへ持っていくように命令した。宴のところに運ぶと、壺に入れてあった水がいつの間にかブドウ酒になったという奇跡、5千人以上の人たちへの食べ物(魚とマナ)の数がわずかなのに、配るごとに5千人以上の人数よりも多く余ってしまう奇跡、エリシャの時も彼女が残されたたったの一つの油壷をそれぞれの壺にいれても何十倍も増えたという奇跡、モーセの時も空からマナが沢山降ってきて、イスラエルの群れが満腹するまで食べる事が出来たという奇跡。
この色んな奇跡を考えれば、ノアの時にもそのような事が起こるのはおかしくありません。
だから、私は秘密の方で「聖書を読め!」と言ったでしょ?全て読みもしないで、あれこれ疑問文を書くのは愚かな行為(幼稚な考え)だと思います。
2007-12-24 月 00:54:11 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
全種類の生物については・・・
全種類の生物は恐らく、天使たちの導きによってノアの箱舟に入る事が出来た可能性があります。
それは占い師バラムと、しゃべるロバをご存じですか?ロバと主人は神の命令に背くと、天使の剣によって殺されてしまうかもしれない(実際は死を免れたが・・・)という出来事ですが、このことから考えると、ノアの時(全種類の生物)もそうだったかもしれません。ノアの方舟に入らなければ溺死になるぞ?みたいなことを神、または天使たちが全種類の生物に語りかけたかもしれません。
2007-12-24 月 01:16:05 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
愚かな伝道者さんへ
まさに、なんでもありですね。
聖書に書いてあることはひとことで、
片付けられます。
聖書に対する疑問は下のことで全てが解決できますね!!

①現代科学で解決できない、出来事が聖書に書かれているが?
Ans. 神様は全知全能であらせられますので何でも、出来るのでございます。
②聖書間で矛盾する文がありますが、何故?
Ans.これこれは、こう解釈するのであります。この文のこの意味が現代と同じように解釈してはいけません。また、これとこれとは同じ単語ですが、それぞれの単語の意味が違います等・・・。
2007-12-24 月 11:40:03 | URL | ぴぴ [編集]
ぴぴさん
私も同じことを考えていました。
牧師さんに直接尋ねたときも、
実際にはありえない出来事については「神の御業」
聖書の意味については「文字通り解釈するものではない」とのことです。
現実に絶対ありえない出来事でも、
「神様は全知全能である」と言えばなんでも解決しますよね。
2007-12-24 月 12:48:52 | URL | 桃栗 [編集]
天地創造からの年数
まずはisaさんへ。

私はエホバの証人の方から、
天地創造から現在までは6000年と聞きました。
その年数が6000年にして7000年にしても、
それだけの年数でアララト山から世界の隅々まで生物が分布したとは
残念ながらちょっと無理があるような気がします。

ただ、エホバの証人の方と交わって感じたのは、
プロテスタントよりも説明が分かりやすくて具体的だということ。
それから信仰の強さも、私が見てきたプロテスタント信者よりもずっと強いと感じました。

しかし、信仰が強いエホバの証人の方も、
さすがに文部科学省にまでは伝道には行かないでしょ?
まあ、エホバの証人にとって政府は・・・・・でしたよね。
2007-12-24 月 22:01:30 | URL | 桃栗 [編集]
秘密のコメントについて
愚かな伝道者さん、
正直に言いますが秘密のコメントはまったく気付きませんでした。
貴方様に言われて調べてみると、
まったく別の記事(ここがヘンだよカトリック)に投稿されていました。
こんなところに投稿されたら見落としてしまいます。
人を幼稚呼ばわりする前に、
読んでもらいたいのでしたら読みやすいところに書いて欲しかったです。
どういう意図があって関係ないところに投稿されたのでしょう?

それからその秘密のコメントの内容です。
貴方様は公開の場では丁寧に書いていらっしゃいますが、
非公開の場では乱暴な表現を使われていますよね。

人から教わるより、自分で聖書を読めよ!
ごもっともだ。
それは教義がおかしいからだ。
分裂や争いなどを起こしているからだ。
「教義はくそくらえ!!」www
信仰を捨てるなんて、どうかしているよ。
「人から教わるより、自分で事実を探せ(聖書を読めよ)!!」


いずれも原文からそのまま抜粋

貴方は聖書を3回も読破したとおっしゃる割には、
キリストの「愛せよ」という言葉をお忘れではないでしょうか?
公開の場では丁寧に振る舞い、
非公開の場ではこのようなぶしつけな表現を使うのもいかがなものでしょう。
2007-12-24 月 22:12:59 | URL | 桃栗 [編集]
聖書が正しいと信じているなら・・
それから、愚かな伝道者さん、
一見詳しい解説のようですが、
結局は肝腎な部分についてはノーコメントなんですね。

もし、本当に創造論が正しいなら、
学校教育で聖書を教えるように主張したっていいのに、
アメリカの一部の団体の話を除いてそういう話は聞きませんね。
もし本当に100%創造論が正しいと思っているなら、
堂々と文部科学省に主張してもいいと思うのですが、
少なくとも国内ではただの一度もそういう話を聞きません。


以前、ほかのところでブログを書いていたときも、
クリスチャンの方は躍起になって進化論を否定し
創造論の正当性を主張するばかりで、
皆さん見事に肝腎な部分については無視です。
私がいつ「進化論は正しい」と言いましたか?

それほどまで聖書が正しいとお思いでしたら、
マスコミに働きかけて聖書は正しいと紹介したもらったらどうですか?
文部科学省に、学校教育に聖書を取り入れるように提案したらどうですか?
だって、テレビは「生物の進化」という間違ったことを放送しているのでしょう?
学校では進化論という間違ったことを教えているのでしょう?
このまま放っておいてもいいんですか?
なぜ世間に向かって主張しないのか不思議です。
「どうせ言っても理解されないから」と言う答えはナシですよ。
2007-12-24 月 22:27:45 | URL | 桃栗 [編集]
返答です(^^)v
まず、エホバの証人の公式見解は、天地創造から現在までが6000年ではなく、「人類創造から現在までが、およそ6000年」というものです。…なので伝え方に誤りがあったか、誤解があったかのどちらかだと思います。(ちなみに聖書に基づく年代計算によると、ノアの洪水後から現在までが、4,377年となります)

さて、分布(人類)についてです。ひとつのケースとして、創世記46章26節(ヤコブのエジプト入)~出エジプト記2章2節(モーセ誕生)までの期間が参考になるかもしれません。この期間は 135年なのですが、その間に、イスラエル人が「おびただしくふえた」…とあります。
その80年後、エジプトを脱出する頃には、男子だけで60万人がいました。(繰り返しますが、女性は含められていません)。

もちろん、彼らの場合には異常に多産であった点も聖書で指摘されていますが、その点を考慮に入れても、わずか100年でかなりの人口増加が可能であることが予想できると思います。

その勢いで増えていった人口が、「バベルの塔」の時代に、塔の倒壊後、神によって人類は地の全面に散らされました(創世記11章8節参照)

洪水後(BC 2369年)→バベルの塔建設(BC 2269年くらい)=100年間
バベルの塔建設→アブラハム誕生(BC 2018年)=251年間
アブラハム誕生→ヤコブのエジプト入り(BC 1728年)=290年間

期間と増加率を考慮すると、人類の分布に関しては何の問題もないように思えますね☆
(動物の場合、鼠算…というほどではないかもしれませんが、人間よりも早い勢いで増えると思いますます)



2007-12-25 火 01:26:44 | URL | isa [編集]
あ、最後だけ誤字してしまいました…(^^;)

ところで…
最近の学校の先生は進化論を”事実”として教えているのでしょうか(それとも先生個人の考えによるのかな?)。私が通っていた学校の先生は、『進化論とは「論」…、つまり、あくまで”説”であり証明されてはいない。』と教えていましたけどね。私の嫁さんの通っていた学校の先生も、『世の中には進化論の他に創造論を信じる人もいる。教科書には進化論が載っているから進化論を一応教えるが、進化論が絶対正しいというわけではありません。』というコメントを添えて教えていたそうです。(ちなみに、どちらの先生もクリスチャンではありません。)

嫁さんは二世ですが、そのような先生の教え方がありましたので、進化を事実としてではなく、あくまで、そのような考えをする人もいるという知識として学んでいたそうです。

(参考になりますでしょうか…?)
2007-12-25 火 01:42:07 | URL | isa [編集]
人から教わるより、自分で聖書を読めよ!
ごもっともだ。
それは教義がおかしいからだ。
分裂や争いなどを起こしているからだ。

あれ?コピペしてあったはずの文章が一部、脱字になってる?w
あなたは一部省いたでしょ?

まったく別の記事(ここがヘンだよカトリック)に投稿されていました。
こんなところに投稿されたら見落としてしまいます。どういう意図があって関係ないところに投稿されたのでしょう?

あぁそれは聖書に関してだよね。
あなたが、「聖書は神が書いた書物だから
何一つとして誤りも欠点もない完璧な書物だと教わりましたし、
自分でもそう信じてきました。
」と書いてあったので、
しかも、「教わってきました」が多かったようなので、
あえて、「自分で探したり、聖書を読んだりしろ」と言ったわけです。
もし、ここで、愛をもって書き込んだとしても、あなたはきっと、
聖書などを読みもしないで、何で?何で?教えて!みたいな事ばかりするだろう。
だから、読みもしないのに、人たちが自分で学んだり、探して見つけたり、聖書を引用したりして解説しているのに対して、あなたのレスは見る限り、否定的な事ばかり。そう言うのは失礼ですよ?

あなたは「愛」に対して、勘違いしている。
優しいだけじゃないよ?ムチ(愛のないきつい言葉でも)だってあるだろ?
日本人のクリスチャンたちはムチを嫌がる人が多すぎ。アメばかり取る(アメを強調して語る)人多いので、それじゃ成長できませんね、いつまでも。

色付きの文字非公開の場では乱暴な表現を使われていますよね。
んじゃあ、秘密の方で書き込んだ内容をそのまま公開してもいいわけですか?w
別に公開してもいいけど、あなたは嫌だと思うかもしれないと思って、秘密にしたのだが・・・?
あの夢のことも公開しても問題ないですよね?
つーか、昨日書きこんだ内容をそのままそっくりに書き込もうとおもったら、昨日何書いたか、忘れてもうた。念のため、コピーしておけばよかった。

キリストの「愛せよ」という言葉をお忘れではないでしょうか?
それは分かっています(忘れていません)。でも、あなたにそんなこと、「キリストの愛せよという言葉をお忘れではないでしょうか?」と言われる筋はないと思います。
何故なら、あなたのレスにはイエスを挑発・軽蔑している内容が多いからだ。
だから、あなたのやっていることは、私が見た、あの夢に登場してた輩と同じ事をしていますよ?

もう一度聞きますが、あなたは聖書を信じていないよね?
もし聖書を信じていないなら、イエスの言葉も信じていないということだから、「キリストの愛せよという言葉をお忘れではないでしょうか?」とイエスの言葉を引用して言う権利はないと思います。

聖書を信じているか?
私の答えは半々ですね。でも、イエスの言葉だけは100%信じています。何故なら、私の夢にイエスが何度か来ていて語りかけてくる内容が聖書的な事(聖書に書かれているところと一致している事)が多かったからだ。それだけじゃない。イエスの姿(霊)までも見ました。これに対して、あなたはどう説明できますか?

そして、ぴぴさん、
■聖書に対する疑問は下のことで全てが解決できますね!!
はぁ?桃栗さんのレスではノアの方舟、大洪水、餌などのことで聞いてきた。
で、何で、あなたは聖書に対する疑問だというの?
桃栗さんにとっては、聖書に書かれていること自体が疑問だとして質問しているのか、
それとも、ノアは?全種類の生物の餌は?大洪水は?って直接的に疑問しているのか、それがはっきり(区別)していない。

あ~あ、頭悪いな、エルサレムの神殿、イスラエルという地名は実際、この世に実存していますよ?それは聖書に書かれていることが信じないなら、イスラエムの地名、エルサレムの神殿のことも信じない訳?なんか矛盾だな?

それに、「神様は全知全能である」と言えばなんでも解決しますよね。とあなた(ぴぴさん)はそう言っているが、信じているのですか?それとも信じていないのですか?
もし信じていないのなら、それは不信仰ですね。
目に見えるものしか信じない事を不信仰というんだよ。信仰の定義は何なのかご存知ですか?
2007-12-25 火 23:16:00 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
ええ、省きましたけど・・・
ちゃんと「抜粋」って書いてありますが・・・・。
そして、私が「一番知りたいこと」については
また答えて下さらないのですか・・・・。

もし、本当に創造論が正しいなら、
学校教育で聖書を教えるように主張したっていいのに、
アメリカの一部の団体の話を除いてそういう話は聞きませんね。
もし本当に100%創造論が正しいと思っているなら、
堂々と文部科学省に主張してもいいと思うのですが、
少なくとも国内ではただの一度もそういう話を聞きません。


それほどまで聖書が正しいとお思いでしたら、
マスコミに働きかけて聖書は正しいと紹介したもらったらどうですか?
文部科学省に、学校教育に聖書を取り入れるように提案したらどうですか?
だって、テレビは「生物の進化」という間違ったことを放送しているのでしょう?
学校では進化論という間違ったことを教えているのでしょう?
このまま放っておいてもいいんですか?


こればっかりは聖書に答えは書いてありませんよね?
だからここで質問しているわけですよ。
私が何でも聞きたがることにそれほどご不満でしたら、
別に無理して聖書のことについては答えてくださらなくても結構ですよ。
でも、私が一番知りたいことについては答えていただきたいのですが。

秘密のコメントはどうぞ遠慮なさらずに公開なさっても結構です。
本音を書いてくださってかまいませんよ。
そのかわり、貴方が大牧師になったときにでも
ご自分がお書きになった文章を読み返すことをお勧めします。
2007-12-25 火 23:34:32 | URL | 桃栗 [編集]
誰も桃栗さんの質問にまともに答えていないようなので、わたしが代わりに答えましょう。わたしが答えなくちゃいけない義理も責任も無いのですが、これだけコメントが乱れちゃ、桃栗さんもさぞご不満でしょう。

さて桃栗さんの質問は、「クリスチャンは創造論を信じているのなら、なぜ学校教育で創造論に反することを教えられている現状に対して、なぜ文科省などしかるべき機関に抗議しないのか」というようなことですよね。

考えられる答え
1.クリスチャンたちは臆病だから、ないしはだらしないから。クリスチャンたちには体制側におもねる体質がある。

2. 本当は創造論を信じていないから。少なくとも、文科省に抗議するほどの熱意を創造論に持っているわけではない。あるいは(創造論が大事だというのは)口先だけだから。

3.クリスチャンたちはダブルスタンダードで生きている。教会にいる時は教会の教えに従い、世間にいる時は世間の教えに従う。

4.最初から諦めている。どうせやっても無駄。不可能なことは不可能なこと、とクリスチャンたちは考えている。ないしは、文科省に抗議するということを考えたこともなかった。

5.原理主義的な創造論の信奉者は、少数であって、したがって、仮に文科省などに抗議をしていても、その事実が周知されていないから。
わたしの勝手な推測ですが原理主義的な創造論の信奉者の数は、数千人~数万人でしょう。人口比0.01%。彼らが霞ヶ関に行ったり署名活動をしているとしても、ほとんど知られていないでしょう。

かつてこの国では「日曜日訴訟」があったのをご存知ですか。あのときは相当話題になりました。訴訟を起こすほど日曜日の時間を確保するためには熱意を傾けるのですが、しかし創造論の擁護にはその熱意は向けられていないのかもしれませんね。

こんなもんでどうですか。
2007-12-26 水 19:29:23 | URL | diabolos [編集]
桃栗さん、分かった。時間かかるかもしれない
2日間、頭では書き込もうと思いつつも、体がかなりの疲労(仕事がきつい為)に疲れていたので思うように書き込めず、休めました。(ウソじゃないよ)
で、今、ここを拝見してみたら何だそれ?
diabolosは勘違いしているようだな!
聖書に矛盾や相違などがあるのは事実。
でも、神にとっては好都合なんだよ?
お前は聖書を読んだ事がないのか?

箴言25:2
ことを隠すのは神の誉れ ことを極めるのは王の誉れ。


そして、

ヨハネ12:38~40
イザヤ6:9~11を読め!!

こう言うことだ。イエス(旧約聖書では「主」と呼ばれている)はあらかじめ(もうすでに)、旧約聖書で言っているので、お前たちがイエスを馬鹿にしていること(預言)が的中されましたね。w
だから、聖書に矛盾や相違などが生じているのはお前たちのような不信仰・不信者がいるから、神はあなたたちが生まれる前からそう見通して、聖書の真理をわざと分からなくしたのだ。
だから、私は桃栗さんにはあえて「聖書を読め!」と言ったのだ。
桃栗さんは洞察が鋭いでしょ?それぐらい事実を見つけれないのか?
桃栗さんの質問に答えないのは、自分で考えろ!ですよ?
だから、私が書き込んだレスの中にヒントが入ってますよ?特にDNA操作。
細胞や核などが進化し続けるなら、普通、人間でも動物でも虫でも、姿そのものが想像できないぐらい変化するはずだろ?しかし、7000年以上も姿がちっとも変わっていないから、進化論は正しくないように思えるからだ。
もし、桃栗さんは箴言25:2とイザヤ6:9~11の事を知ってたら、こんなサイトを立ち上げたりしないはず。でも、このサイトを立ち上げているので、聖書をあまり読んでないl事が分かって(判断出来て)しまうだろ?違うか?

桃栗さん、私は牧師になりたくないと思ってます。あなたの言う「文部科学省に、学校教育に聖書を取り入れるように提案したらどうですか? 」ですが、何が必要なのか教えて頂けませんか?あっそうか、文部科学省のサイトに聞けばいいんだ。行ってくるよ。
もう一度、進化論と創造論を読みなおしてから書いて文部科学省に提出するよ。
時間かなりかかるだろうけど。もしかしたら10年かかるかも?
あなたも出来るだけ、進化論の情報(サイトやリンクなど)を私に提出(メール)してくれますか?
創造論はほとんど非科学的なものが多いから、どうせ受け入れないだろうな?w
進化論は生物が進化したという事実性がないくせに、事実無根というか、自分勝手な妄想みたいなことを教えているしね。皆はそれを信じるわけ?そんなの変だよな・・・お互いさまのくせに!!(進化論と創造論)って感じ。はぁ呆れてるよ。

diabolosという輩は、「不可能は不可能」と言った。だから、私は、神は不可能なものは何一つもありません(天使がマリアに言った事)と信じているからやってみるよ。
もし、学校で創造論を教えるようになったら、
あなたはどうするつもりですか?

diabolosさん、確かに、クリスチャンは口先だけの野郎が多いだからね。私もこういうクリスチャンらが嫌いですよ。彼らは聖書をあまり読まない人多すぎ。それだけなく、イエスが命令したことも実行しない人多過ぎだから。
不信仰のクリスチャンらはきっと、イエスに「お前たちは何をしていたのだ?(激怒)」と裁かれるだろうな。
2007-12-29 土 02:40:03 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
話しが通じない
まあ世の中には、人の文章を思い込みで読んで、勝手に曲解しては、「はぁ?」っていう書き込みをする人がいるけど。(そういえば、パウロの手紙を曲解する人がいたらしいと、ぺトロが手紙で書いているけどね。うふふ)

上の書き込みをなさったお方は、その好例よね。
こういう人の存在が、はからずも、人の救われなさを証しているわけだけど。なんか読んでるこっちの方が、恥ずかしいわ。
(単に読解力がないだけかもしれないけどね。うふふ)

聖書の矛盾を問題にしているんじゃなくて、聖書原理主義者の態度を問題にしているですけど。
話しが通じない人って、最低ね。
2007-12-29 土 11:58:46 | URL | diabolos [編集]
愚かな伝道者へ
こんにちは。

桃栗さんは、聖書に記載されているうちの疑問の一つとして、ノアの箱舟のことを取り上げていらっしゃるのでしょう。
 
エルサレムは、実在すると思っていますよ、私は。フィクション(物語等)で、登場したものが、実在しないなんて、私は一言も言っておりません。

私は信仰の定義とは、ある特定の宗教の定義を信じることであると思います。

私は、神はいるかもしれないし、いないかもしれないと思っております。しかし、神が聖書を書いたとも思えないし、聖書に記載とおりの神さまが、いるとも思っておりません。

不信仰という定義を桃栗さんのおっしゃるとおりとして、不信仰ではいけないのですか。
2007-12-29 土 15:11:23 | URL | ぴぴ [編集]
愚かな伝道者さんへ
すみません。

上のメッセージのタイトルで

愚かな伝道者さんへ  と記入しようと

思っておりましたのですが、「さん」を

記入しなかったでした。
2007-12-29 土 15:13:16 | URL | ぴぴ [編集]
いえいえ、それぐらいは慣れているので大丈夫です。
ん?そう(神は聖書を書いたと思えない、は正解)ですよ。
聖書は神が聖書を直接的に書いたんじゃなくて、霊感ある人たちが聖霊の導きによって書いたり、また、書記者たちが預言者たちの預言を聞きながら書いたり、使徒、教会などへの手紙(パウロの手紙がいい例)を書いて送ったりしたものを組み合わせたものです。それらを聖書として組み合わせたため、かなり矛盾や相違などが生まれるのは仕方ないことです。
でも、これは、神にとって好都合ですけどね。私も、その方が好都合だと思う。

私は信仰の定義とは、ある特定の宗教の定義を信じることであると思います
そうですか、本当の意味は目に見えないものを存在していると信じる事を信仰だと思うけど。とりあえず、あなたの場合はヨハネ14:17がいいと思います。
この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。
だから、あなたは霊の存在はあるか、ないかどうかを探るようにしたらどうでしょうか?
そうすれば、真の神は誰か見つける事が出来るでしょう。
あとは、矛盾や相違などを無視して、イエスの言葉だけを信じればいいのです。
ただ、それだけで十分ですよ。
私は、数々の体験と経験で言っているのだから。

http://exchristian.blog80.fc2.com/blog-entry-8.html
の方では、「聖書を書いたのは神様だと教会で教わりました。」と
桃栗さんは言っていますが、これは本当に間違いなく、教えたのですか?その教会。

diabolosさん、
態度を問題にしているって、どんな態度が問題ですか?もしかして、私の態度の事を言っているのですか?
話が通じないって、どんなところが通じないですか?
「こんなもんかね」と書いてあるけど、本当は本音でしょ?
私を最低と思ってるのなら、それは結構です、ありがとう!!笑
2007-12-31 月 23:35:10 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
このレスが最後のレスになります。
ここに書き込むようになったとたんに、私のこと悪口のように言いふらす輩(特に女はおしゃべり・陰口好きの人が多いので、「口は災いのもと」ということわざを知らない人が多いから嫌いだ)がいるから書き込むな!と、神の啓示があった(神に怒られた)ので、これで最後とします。

ぴぴさん、これから霊の存在はあるかないかを探検するようにしましょうね。そうすれば、真の神を見つけるかもしれません。もしかしたら、信仰の定義は何なのか気づくようになるでしょう。

では、ここは2度と来ません。ばいばい
2008-01-01 火 21:08:16 | URL | 愚かな伝道者 [編集]
天地創造と進化論の激論!
天地創造の七日間は太陽系をも表現

創世記の「天地創造の七日間」という謎についても、鳥が卵から孵化したり、人間が体内で成長する日時等の、地球上の現実に照らして考えますとき、この「七日間」或いは「一週間」を「象徴」と捉えるのが本筋といえましょう。

現実の社会では、「一週間」の曜日名にはギリシャ神話の神々の名前が当てられていて、それはまた太陽系の星々の名前でもあります。
「ヨハネの黙示録」一章には、「七つの星は七つの宮(教会)の使いたちである」というフレーズがありますが、神と時と惑星という宇宙空間との織り成す多次元構成を示唆している言葉ではないでしょうか。
創世記の天地創造の七日間とは、太陽系の星々を冒頭において、そこから、ストーリーを展開していると考えますと、聖書の起承転結の筋が通ります。

まず、神と天の運行を示すことによって、「天の仕組みと軌道という摂理」が提示され、その摂理なくては万物が成り立たないように、地も人類もその仕組みを外れた無軌道を突き進んでいくと破滅するという道理を教えていると考えられます。人だけが、この神の仕組み、即ち、現実から遊離した利己的な教義を創作して、他の人は滅ぶが自分だけは天国やら永遠の命やらを頂けるなどというダブル・スタンダード教義をごり押しして、幾十億の信者を集めることは、神とは無関係なことだということを明らかにするためであろうと考えられます。

聖書が最終目的としているのは、インマニュエル、すなわち、「神ながらの道」であり、イエスの「天に恵みがあるように、地にも(人にも)ありますように」とは、まさに、この「順天の機構」が円滑に運行しますようにとの教えではないでしょうか。

おそらく私の独自の意見だと思いますけれど、違うかもわかりません。人間の脳や思考力の類似は免れませんから。


2008-01-03 木 14:54:24 | URL | 元エホバ(証)研究生K・K [編集]
アダムとイヴ
 イヴはアダムのあばら骨から創られた
創世記三章のこの記述は、聖書の中でも、最も深遠な謎々といえます。
しかし、この記事を世界地図と対照して見ますと、世界大陸をアダムに見立て、日本列島をあばら骨からなるイヴに見立てているのではないかという疑問がなりたちます。最適な地図をお送りしたいのですが送り方をまだマスターしていませんので、よい地図を見つけてください。
聖書の創世記のうちに、神の国エデンの園=日本(昔昔は神の国)を解明する鍵が秘められていたのではないか?ということです。そんな国がはたしてほかのどこにあったというのでしょう。

中学、或いは高校の地図帳に9世紀頃のTOマップが載っていますが、エデンまたは楽園は「東の果て」しかも東を上にして書いてあります。

「骨からの骨」というフレーズは、日本大陸がアメリカン・プレート、太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアン・プレートなどから成り立っていることであり、「肉からの肉」とは、北海道はアメリカに、本州はユーラシア大陸に、九州はアフリカに、そして、四国はオーストラリアに対応していることを指していると思われます。

創世記のアダムとイブの創造にまつわる描写を、こう解釈して、始めて、聖書は私たちが従来教えられてきた内容よりもはるかにスケールが大きいことがわかります。
「イヴがアダムのあばら骨から作られた」という描写から、預言者たちが、日本列島が大陸と陸続きであったことを知って書いていた可能性が浮上するのです。

聖書にとって、アブラハムは神の民の祖先として最重要な名前なのですが、もとはアブラムという名前でした(創世記十二章)。これも、大陸の「脂身Aburami」(の訛り)であり、「アバラホネAbarahone」(の訛り)への歴史的異変を物語る名前である可能性がないとは言えません。

ユニークな見解とお笑いください。不謹慎と思われたら消してください。
2008-01-03 木 15:20:47 | URL | 元エホバ(証)研究生K・K [編集]
愚かな伝道者様
それで、私がイタリック体で表示したもっとも聞きたい部分については
ついぞ答えてくださらないのですね。

結局、以前のブログでもそうでしたが、
クリスチャンの方々は、私の質問にはまったく答えてくださらず、
長々と言葉を並べて聖書の真実性を説明するに終始し、
回答したおつもりになっている方ばかり。
愚かな伝道者さんはその例外になってくださると期待していましたが、
やはり無理なようでしたね。


「自分で考えろ」ですか。
では、勝手に考えさせていただきますね。
結局、世間に主張しても信じてもらえない、
それがクリスチャンの本音ではないでしょうか。
もし創造論を100%正しいと信じているなら、
世間に堂々と公表できるはずなのに、
それが出来ないのは、結局は自信がないのでしょうね。

と、自分の答えを書かせていただきました。
2008-01-21 月 22:34:46 | URL | 桃栗 [編集]
世の中には証拠がなくとも信じられるものもあり、証拠があっても信じない人もいる・・・
創造論はあくまで想像論なのですわ!
その経過を見た物はいないしかといって
進化論が全てを説明できるわけでもない・・・
説とはあくまでも仮説です・・・
どんなに科学的に合理性をかいても
信じようとする心の働きが信仰の分野でしょう・・・
それで幸せになれる人もおり、幸せになれない人もいる・・・だから個人の問題なんですよ!大事なのは心を扱う問題で他人に
価値観を共用しない事。されない事・・・
魂の自由が一番大事です。その人が死ぬ瞬間幸せを感じられればいいんですよ。
どんなにつじつまが合わなくても・・・
この世にはそういうものがいっぱいあります!
タダ個人的には日本に入ってるキリスト教は
アメリカの受け売りあるいは西洋の合理主義
の洗礼を受けてしまって、当時の福音の
エッセンスは失われてるといってもいいでしょうね・・・そういうものを何かと教団や教会の
人間の間に見ることがままあります。・・・
教理の正しさを伝えてるつもりでしょうが
自分自体の魂を伝えてることに気づかない
教師や司祭、牧師伝道者のなんと多いことでしょうかね・・・またそういう中で育った信徒もまた同じ道を歩みますね。
御霊は生かし文字は殺すといった、
聖書の言葉を何も魂で受け取っていないので
文字通り、字面しか受け取っていないのです
。 だから日本のクリスチャンには深みが
ない! 霊的な力がない。そのくせ霊的に
見せようとする自己顕示欲だけが引き出されて増幅させられてゆく・・・哀れです・・・色付きの文字

2008-09-13 土 21:06:19 | URL | エル [編集]
愚かな伝道者さんのコメントについて
久々に読み返してみましたが、
私からの質問を都合よくはぐらかして自分の意見を押し付けるだけ。
「名は体を現す」とはこういうことを言うのでしょう。
2008-11-11 火 21:27:39 | URL | 桃栗 [編集]
7日 2pet: 3: 8
しかし、愛する人たち。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。
今はアダム以来七日目です(安息日)
ヘブライ3~4章 「安息」にはいりましょう
しかし七日目は全き休みの安息、聖なる会合の日である。
クリスチャンにとっては意味があります。聖なる会合が行われる時期ですし。
2009-04-13 月 21:50:45 | URL | 名前を入れてください [編集]
以下は
http://www.geocities.jp/institute_of_uralogy/Shinkaron.html
からの引用です。

英国の動物学者レオナーズ・マシューズは、1971年版ダーウィンの『種の起源』の序文で、
「進化論が偽科学だという批判の声はますます大きくなっている。
 進化論は生物学の大前提となった結果、何の証明もない理論に基づく科学と言う誠に奇妙な立場に置かれてしまった。
 しかしこれは科学だろうか、信仰だろうか」
とまで述べています。

以上引用終わり。

以下もどうぞ。
http://m.ti-da.net/index_archives.php?blog_id=ixsasaki&entry%5Fid=3285383&_chxj_nc=true

http://oyoyo7.blog100.fc2.com/?mode=m&no=892

http://www.path.ne.jp/~millnm/no62.html

http://www8.atpages.jp/starseed/evolution.htm

ちなみに、ダーウィンは最期には、自分の唱えた進化論は間違っていたと語ってから死にました。

バイオテクノロジーの発展で、かつての進化論者さえ進化論を疑い始めているのに、それでも信じるのは邪教を信じる事と同じです。
2011-09-08 木 17:21:37 | URL | タコ [編集]
以下は
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-kddi_blended-jp&wsc=tb&wsi=c186aef033a8e3d3&u=http%3A%2F%2Fwww.islamcan.com/islamic-books/japanese/darwinism-refuted-jp.doc&ei=RHloTpTvKsmWkAX7ncm4Dg&ct=pg1&whp=30
からの引用です。

 ネオ・ダーウィニスト達は、生きている有機体の遺伝情報を改良する「有利な突然変異」の実例を発見しようと試みて多くの実験と観察とを行なった。数十年にわたって彼らは、ショウジョウバエやその他の種の生物で突然変異の実験を行なった。
 しかしながらどの実験でも、生命体における遺伝情報を改良する突然変異は見られなかった。

以上引用終わり。

いわゆる“種”の壁というやつです。

シーラカンスやカブトガニは何故、進化せず昔ながらの姿をしているのでしょう。

何故、食物連鎖の最下層の生物は進化しないのでしょうか?
2011-09-08 木 17:27:19 | URL | タコ [編集]
こちらにどうぞ。

tacodayoのブログ livedoor Blog

http://blog.livedoor.jp/tacodayo/?sso=e4cb5fb10aa9d3e7ecfc5ff816f08401b67c6186

「進化論のウソ」
「処女懐胎について」
などをどうぞ。
2011-09-11 日 01:30:43 | URL | タコ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-05 日 21:23:14 | | [編集]
Re.愚かな伝道者へ
>私は信仰の定義とは、ある特定の宗教の定義を信じることであると思います。

じゃあ科学(進化論・生物学)も宗教だよね。結局どのドグマ(論理体系)を信じるかという問題。違うって主張する人(桃栗さんでもだれでもいい)
は科学と宗教の違いを説明して欲しい。
2014-03-26 水 21:02:42 | URL | GB [編集]
名は体を現す
名は体を現す、格言ですね♪
2017-05-20 土 19:10:34 | URL | 石崎竜 -tacodayoanti- [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad