■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
もしも人類全員がクリスチャンになったら
どうもクリスチャンは、
人類全員がクリスチャンになると世界が平和になると思い込んでいるようです。
私もそのような話を教会で教わった記憶があります。
つまり、神によって人間が創造された当時は人間は全員神を信じていたのに、
人類の繁栄と共に人間の心が神から離れてしまったため、
この世がおかしくなったとのことです。
だから、人類全員の心が神の元へ帰れば世界は平和になるということです。
本当にそうでしょうか?
いいえ、平和だなんてとんでもありません。
聖書にすでに答えは書かれています。
キリスト教の世界では聖書に書かれているのは全て実話ということになっているので、
ここでもそれを前提として話を進めます。


旧約聖書の冒頭の創世記ですでに答えは出ています。
人類の祖先はアダムとエバですよね。
そして創世記4章で長男カインと二男アベルが誕生します。
この時点で地球の人口は4人です。
しかも、人類全員が神様と直接話ができるという時代です。

ところが、創世記4章8節で、カインはアベルを殺害しました。
人類初の殺人事件です。
人口4人の時代ですから、犯罪率が50パーセントという著しく高い犯罪率です。
先ほど書いたように、この時代は人間が神と直接話ができる時代です。
にもかからわず、犯罪は起きてしまったのです。
というわけで、人類全員が神を信じていても平和にならないことが証明されました。

もっと遡れば、人口2人の時にもすでに答えは出ています。
アダムとエバは、食べてはいけないと神様から言われていたあの果実を、
誘惑に負けて食べてしまったではありませんか。
神様と直接話ができる時代だったのに、神の約束を守らなかったのです。

それに、アダムとエバの2人が果実を食べた時から人類は罪びとになったとされていて、
食べる前はまだ罪びとでなかったことになっていますが、
もしも2人が罪のない清らかな人間だったとしたら、
最初から罪を犯すはずがありません。
よって、2人が果実を食べたことによって人類が罪になったなどという解釈に、
矛盾が生じることになります。

というわけでクリスチャンの皆さん、
すでに人口が2人で神と直接話せる時代に神との約束は破られ、
人口が4人の時に殺人事件が起こったぐらいですから、
人類全員がクリスチャンになったら平和になるなどという妄想はお捨てください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

もしものコーナー | 22:34:38 | トラックバック(0) | コメント(32)
コメント
お久しぶりでございます。
お世話になっております。

全人類がクリスチャンになったら平和に・・・の前に、まず最初に手本としてクリスチャン同士で争うのを辞めたほうがよろしいですね。
教会内もゴタゴタしていて簡単に人の悪口を言っている人もいますね。

お祈りするのなら、感謝の言葉だけを述べればいいでしょう。
それなのに例えば自殺された方に対しては、わざわざ名指ししてあの人は地獄へ落ちるだの何だの死者を罵る必要ないと思います。
自殺された方は相当思いつめた結果そうなったのだろうと思います。
だから、本当のクリスチャンなら彼ら彼女に安息をお与えくださいと祈ってあげるべきです。
それだけでいいでしょう。
わざわざ死者にさらなる叱責を加える必要はないと思います。
それこそクリスチャン牧師神父うんぬんというより本当の悪魔でしょ。

クリスチャンでも人を殺したり、騙したりする人がいますね。
すると、「あの人は真のクリスチャンではないから」というクリスチャンがいますね。
真のクリスチャンって何ですかね。
もしそういう人がいるのなら、それを決めるのは神様でしょうね。
所詮人間ごときが口にすることではない言葉です、重い言葉ですからね。

最初の人類からもう既に失敗作だったわけですよ。
その失敗作を生み出したとする神はもっと失敗作だったのではと思いますよ。
人間に罪深いから悔い改めよと教えるより、神の方が人間よりも先に悔い改めたほうが良いと思います。
神が存在しているのなら。
2017-04-13 木 18:35:21 | URL | てふ [編集]
Re: タイトルなし
> お久しぶりでございます。
> お世話になっております。
>
> 全人類がクリスチャンになったら平和に・・・の前に、まず最初に手本としてクリスチャン同士で争うのを辞めたほうがよろしいですね。
> 教会内もゴタゴタしていて簡単に人の悪口を言っている人もいますね。

全くその通り。
キリスト教は大小さまざまな宗派や教派に分裂し、
やれうちは正統派だのあそこは異端だのと、お互いに否定し合ってばかり。
どこか「汝の隣人を愛せよ」なのでしょう。

> お祈りするのなら、感謝の言葉だけを述べればいいでしょう。
> それなのに例えば自殺された方に対しては、わざわざ名指ししてあの人は地獄へ落ちるだの何だの死者を罵る必要ないと思います。
> 自殺された方は相当思いつめた結果そうなったのだろうと思います。
> だから、本当のクリスチャンなら彼ら彼女に安息をお与えくださいと祈ってあげるべきです。
> それだけでいいでしょう。
> わざわざ死者にさらなる叱責を加える必要はないと思います。
> それこそクリスチャン牧師神父うんぬんというより本当の悪魔でしょ。
>
> クリスチャンでも人を殺したり、騙したりする人がいますね。
> すると、「あの人は真のクリスチャンではないから」というクリスチャンがいますね。
> 真のクリスチャンって何ですかね。
> もしそういう人がいるのなら、それを決めるのは神様でしょうね。
> 所詮人間ごときが口にすることではない言葉です、重い言葉ですからね。

これもまったく同感。
クリスチャンたちが都合の悪い事例を突きつけられると
「本当のクリスチャンならそんなこと言わない」とか
「そんなことを言うのは正しい信仰ではない」とか
「それは本当のキリスト教ではない」とか、
そういう類の言葉で言い訳をする人のなんと多いこと。
Yahoo知恵袋を見れば歴然としています。


クリスチャンは、キリスト教が絶対的に正しいことの根拠として、
世界中で長年にわたってキリスト教が信仰されていることを必ず挙げます。
そのくせ、都合の悪いクリスチャンの事例を持ち出されると
「その人は正しいクリスチャンではない」と言って関係を否定したがる。
では、正しいクリスチャンって一体誰なんでしょうか。
まったくおかしくってバカらしいですね。


> 最初の人類からもう既に失敗作だったわけですよ。
> その失敗作を生み出したとする神はもっと失敗作だったのではと思いますよ。
> 人間に罪深いから悔い改めよと教えるより、神の方が人間よりも先に悔い改めたほうが良いと思います。
> 神が存在しているのなら。

大丈夫、存在しませんから。
2017-04-13 木 22:44:18 | URL | 桃栗 [編集]
嘘八百
世界大戦の殆どはキリスト教が原因

アダムとエバは不良品

不良品を造った神は無能

になりませんか…
2017-04-14 金 23:42:29 | URL | 司令官 以前は かずひ [編集]
聖書によると全世界をクリスチャンにするのが目標では?
桃栗さんお久しぶりです。お元気ですか?そうですねえ。僕が嫁さんに付き合って行ってた教会もクリスチャンは異教徒より優れた人間だ。みたいな感じでしたね。だから全世界がクリスチャンになったら平和になるとかゆう発想になるんでしょうねー。僕は逆に世界中がこんな排他的な人達ばっかりになったら戦争ばっかりになる様な気がしますけどね
2017-04-16 日 18:45:35 | URL | 猫好き [編集]
アンチジャパニーズクリスチャン
私も長らく鬱病に悩まされた時、プロテスタントの教会に足を運んだことがあります。
「彼らはなぜ純粋に神に祈ることができるのだろうか?」
もしかしたら自分の鬱打開になるかと思い、クリスチャンの友人の薦めに従ったのですが、どうも「自分の方が聖書を正しく解釈している」アピールが何かと鬱陶しい。
教会でも、キリスト教の歴史について勉強していると、
「そういうのを勉強すると、自分の信仰に疑いを抱いてしまうからやめた方がいい」
なるほど、自分にとって都合の悪いことから目を背ければ都合のいいことしか見えず、純粋に祈りを捧げられるようになるわけだ。
その後、そのクリスチャンの友人の独善的な面が見え始め、
「(私の身内の不幸に対して)それも神の定めた運命だ」
「(私を自殺寸前まで追い込んだことについて)これも神の愛だ!」
私がクリスチャンに対して懐疑的になったきっかけでした。

恨み言つらつら書いてしまいましたが…
さて、人類全体がクリスチャンになったらですが…何も変わらないでしょう。
現在日本ではクリスチャンが少数派だから、
「人類全体がクリスチャンだったら」
なんて妄想するのでしょうけど、仮にクリスチャンが多数派になったとして、別な階級制度ができるのがオチです。
それとも、年季の入ったクリスチャンが、
「俺の聖書解釈が正しい!」
というヒエラルキーが生まれるのでしょうか。
それこそ先のてふさんが指摘されたことまんまのことが起こるでしょう。



2017-04-17 月 20:56:52 | URL | さとうろくぞう [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-04-17 月 22:41:01 | | [編集]
Re: 嘘八百
> 世界大戦の殆どはキリスト教が原因

そう言うと、クリスチャンは決まってこういう反論をします。
「戦争を起こすのは人であって、キリスト教ではない」
逆に、クリスチャンによって何か都合の良い出来事が起こると
「キリスト教のおかげ」だと誇らしげに言います。
都合が良い時はキリスト教のおかげ、
都合が悪くなるとキリスト教は関係ないとのたまうのがクリスチャンです。

> アダムとエバは不良品
>
> 不良品を造った神は無能
>
> になりませんか…

全くその通り。
旧約聖書の神の性格をそっくりそのまま人間に当てはめると、
実に怒りっぽくてわがままな人にしか見えません。
クリスチャンは息を吐くのと同じように「神の愛」とよく言いますが、
聖書に書かれていることと同じことが目の前で起こった場合、
本当にその神の御業に感動するのかどうかは疑問です。
旧約聖書の初期の時代では、人間は常に神に監視されていて、
罪を犯す者を容赦なく罰していました。
クリスチャンは本当にそんな世界に生きたいと思うのでしょうか。
2017-04-17 月 22:41:58 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 聖書によると全世界をクリスチャンにするのが目標では?
> 桃栗さんお久しぶりです。お元気ですか?そうですねえ。僕が嫁さんに付き合って行ってた教会もクリスチャンは異教徒より優れた人間だ。みたいな感じでしたね。だから全世界がクリスチャンになったら平和になるとかゆう発想になるんでしょうねー。僕は逆に世界中がこんな排他的な人達ばっかりになったら戦争ばっかりになる様な気がしますけどね

全くその通りですね。
クリスチャンは、とにかく自分たちが特別な存在だと思いたがっているのです。
まるで、雲の上から物を言うような人たちです。
全人類がそんな人ばかりになったら余計におかしくなります。
そもそも聖書を読んでみると平和だった時代なんて一度たりともありませんから。
2017-04-19 水 22:32:21 | URL | 桃栗 [編集]
Re: アンチジャパニーズクリスチャン
> 私も長らく鬱病に悩まされた時、プロテスタントの教会に足を運んだことがあります。
> 「彼らはなぜ純粋に神に祈ることができるのだろうか?」
> もしかしたら自分の鬱打開になるかと思い、クリスチャンの友人の薦めに従ったのですが、どうも「自分の方が聖書を正しく解釈している」アピールが何かと鬱陶しい。

以前、こういう記事を書いたことがあります。
http://exchristian.blog80.fc2.com/blog-entry-198.html
まさにクリスチャンは自分が神になったつもりになって物を言うのです。
そして、私が教会で教わった話の矛盾点をブログに書くと、
「それは正しい教えではない」とか「正しい教会ではない」とか、
とにかく、いかに自分が正しいかをアピールする人のなんと多いこと。


> 教会でも、キリスト教の歴史について勉強していると、
> 「そういうのを勉強すると、自分の信仰に疑いを抱いてしまうからやめた方がいい」
> なるほど、自分にとって都合の悪いことから目を背ければ都合のいいことしか見えず、純粋に祈りを捧げられるようになるわけだ。
> その後、そのクリスチャンの友人の独善的な面が見え始め、
> 「(私の身内の不幸に対して)それも神の定めた運命だ」
> 「(私を自殺寸前まで追い込んだことについて)これも神の愛だ!」
> 私がクリスチャンに対して懐疑的になったきっかけでした。

そういう話をYahoo知恵袋に投稿してみると、
決まって「そんなことを言うのは本当のクリスチャンじゃない」とか、
「本当のクリスチャンならそんなことを言わない」とか
「その人の通っている教会は良くない」とか、
とにかく都合の悪い話を否定したがる人が必ず現れます。
例えば私が投稿した時にBAになった人もそう。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11155355216


> 恨み言つらつら書いてしまいましたが…
> さて、人類全体がクリスチャンになったらですが…何も変わらないでしょう。
> 現在日本ではクリスチャンが少数派だから、
> 「人類全体がクリスチャンだったら」
> なんて妄想するのでしょうけど、仮にクリスチャンが多数派になったとして、別な階級制度ができるのがオチです。

まったくその通り。
日本のクリスチャンが良い気分に浸っていられるのは、
ずばり日本ではクリスチャンが極少数派だからです。
つまり、普通の人とは違って特別なことをしているのが心地いいのです。
だから「もしも全員がクリスチャンになったら」などと妄想に浸れるのです。

> それとも、年季の入ったクリスチャンが、
> 「俺の聖書解釈が正しい!」
> というヒエラルキーが生まれるのでしょうか。
> それこそ先のてふさんが指摘されたことまんまのことが起こるでしょう。

まったくその通りですよ。
ただでさえクリスチャン同士で信仰の優劣を指摘し、
聖書の解釈が一致もしないくせに、
そんな人間が地球上にあふれたらとんでもないことになります。


2017-04-19 水 23:00:53 | URL | 桃栗 [編集]
キリスト教は悪人にとっちゃー、都合のいい宗教だぜ。
キレイ事で作られた書でお人よしは集まるし
どんだけ悪行働いても懺悔して神に祈ってりゃ
すべてが許されるだぜ、猿の反省みたいにな。
マフィア、大手大企業、議員トップ、キリスト教信者や。
人間すべては平等に闇を抱いて生きてる世間や、
今も昔も変わらねぇ。
信仰してるって言やあ、罪を申告すりゃ
神から許しが貰えるんや。
誰の口からでもいいから赦しの言葉が聞ける。
これ人間の心理ついてるだろ。
そーやって裏社会は世界全部が動いとる。
世界規模の労働組合がバックに付いてるからなぁ。
2017-04-22 土 02:36:18 | URL | 盆暗庫子 [編集]
〉そういう話をYahoo知恵袋に投稿してみると、
〉決まって「そんなことを言うのは本当のクリスチャンじゃない」とか、
〉「本当のクリスチャンならそんなことを言わない」とか
〉「その人の通っている教会は良くない」とか、
〉とにかく都合の悪い話を否定したがる人が必ず現れます。

私の周りではむしろ、
「クリスチャンであっても人間ですから間違いはあります。だから神に赦しを請うのです」
みたいな流れでしたね、身内には甘いクリスチャンの典型。
もっとも例のクリスチャン友人からすれば、赦しを請うのは私のようなのですが。
彼らの愛を向ける先が「隣人」ではなくて「神(=自分)」なのだから仕方がない。

もし世界のみんながクリスチャンになって神に赦しを請うようになれば…
どんな理不尽をしても神の名の下に赦される、
どんな理不尽をされても神の名の下に赦さなければならない、
ブラック企業顔負けのとんだ理想郷ですね。

私が時々思うのは、日本のクリスチャンのほとんどは「神に救われている」のではなく、
「神でもない限り救いようがない」人種ばかりだということでしょうか。

私も桃栗さんほどではないにしても、少しは教会世界に首を突っ込んだ人間。
(おそらく福音派)
次のエントリー楽しみにしております。
2017-04-22 土 12:23:41 | URL | さとうろくぞう [編集]
腐敗の装置
世界大戦の遠因 - クリスチャンの独善と強欲
http://shworld.fan.coocan.jp/18/8/03/03_map_africa.gif
 
パウロの原罪論が完全なウソですね。
"人間が悪い" のではなくカラの救済で人間の努力を置換してしまう
キリスト教の思想こそ人類を腐敗させる欠陥を孕んでいる。
 

イスラム教ではキリスト教最大の過てる概念『原罪』が
見事に否定・修正されています。陳腐なチラシよりも神ってますね。
(コーラン2:35-37)
「われは言った。「アダムよ、あなたとあなたの妻とはこの園に住み、何処でも望む所で、思う存分食べなさい。だが、この木に近付いてはならない。不義を働く者となるであろうから」 ところが悪魔〔シャイターン〕は、2人を躓かせ、…
その後、アダムは、主から御言葉を授かり、主は彼の悔悟を許された。本当に彼は、寛大に許される慈悲深い御方であられる」
2017-04-27 木 06:30:11 | URL | ミスラ [編集]
はじめまして
私はイエスキリストを信じている人間です
桃栗さんが嫌いな人種だと思いますが、よろしければ承認してあげてください
確かに、すべての人がキリストを信じれば世界は平和になるなどと的外れなことを言う人がいます
そもそも、すべての人が信じるなら天国と地獄の意味がない
信じる人と信じない人がいるからこそ成立している、ということが何も分かっていないのだと思います
地獄に堕ちる人がいるというのに、こんな自分が天国に行ける
言葉に表せない程の喜びと感謝と申し訳ないという気持ちです
自分の解釈をひけらかしたり、コレが正しいアレが間違っているなどと神の真似事をしている人を見るたびに辟易します
桃栗さんのような方々がいるからこそ、私たちは救われている
まさに今、神の義が行われている
本当に奇跡です
本当に有り難いことです
そして、勘違いをして高ぶっている人たちの代わりに謝罪します
ごめんなさい
彼らを許してあげてください
私も気を付けなくてはと、いい勉強になっています
これからも楽しみにしてます
2017-04-27 木 22:08:31 | URL | アスラトキニシン [編集]
Re: タイトルなし
> 〉そういう話をYahoo知恵袋に投稿してみると、
> 〉決まって「そんなことを言うのは本当のクリスチャンじゃない」とか、
> 〉「本当のクリスチャンならそんなことを言わない」とか
> 〉「その人の通っている教会は良くない」とか、
> 〉とにかく都合の悪い話を否定したがる人が必ず現れます。
>
> 私の周りではむしろ、
> 「クリスチャンであっても人間ですから間違いはあります。だから神に赦しを請うのです」
> みたいな流れでしたね、身内には甘いクリスチャンの典型。


赦しを請うから、だから何だって言いたくなりますよね。
神を信じていれば間違いを犯してもいいと言っているようなものです。
私のブログにも同じような発言をした人がいました。
「クリスチャンだって普通の人間と同じなんです。
ただ、私たちは罪を認めた人間なんです」
のような発言をしていました。
罪を認めたから、だから何だって言いたくなりますよね。

> もっとも例のクリスチャン友人からすれば、赦しを請うのは私のようなのですが。
> 彼らの愛を向ける先が「隣人」ではなくて「神(=自分)」なのだから仕方がない。

まったくその通り。
クリスチャンは自分が神になったつもりで自分の聖書解釈を語るのが好きです。
何を根拠に自分の解釈が正しいと思っているのでしょう。
まるで、自分の解釈が神の認可を受けたかのようにとうとうと語りますよね。

> もし世界のみんながクリスチャンになって神に赦しを請うようになれば…
> どんな理不尽をしても神の名の下に赦される、
> どんな理不尽をされても神の名の下に赦さなければならない、
> ブラック企業顔負けのとんだ理想郷ですね。

全くその通り。
韓国だってクリスチャン人口が国民の2割とも3割とも言われているのに、
全然国が良くなりませんよね。


> 私が時々思うのは、日本のクリスチャンのほとんどは「神に救われている」のではなく、
> 「神でもない限り救いようがない」人種ばかりだということでしょうか。

神がいても救いようがないと思います。
ああいう人たちを見ると、自分がキリスト教から足を洗ったのは正解でした。

> 私も桃栗さんほどではないにしても、少しは教会世界に首を突っ込んだ人間。
> (おそらく福音派)
> 次のエントリー楽しみにしております。
2017-04-27 木 23:05:34 | URL | 桃栗 [編集]
異端ならば、斧でぶち殺しても構わない?
タリウムで高校の同級生を失明させ、近所のエホバの証人の老婆を斧で殴り殺した殺人鬼・大内万里亜は、その名前「マリア」と出身高校 (ウルスラ) が示すように、クリスチャン・ホームの出です。
大内万里亜は、他にも、焼死体見たさに放火もしています。

キリスト教の狂育を受けた殺人鬼について、クリスチャンのみなさんはどう思われますか?
2017-04-30 日 17:30:05 | URL | 巨大虎猫 [編集]
Re: 腐敗の装置
> 世界大戦の遠因 - クリスチャンの独善と強欲
> http://shworld.fan.coocan.jp/18/8/03/03_map_africa.gif
>  
> パウロの原罪論が完全なウソですね。
> "人間が悪い" のではなくカラの救済で人間の努力を置換してしまう
> キリスト教の思想こそ人類を腐敗させる欠陥を孕んでいる。
>  
>
> イスラム教ではキリスト教最大の過てる概念『原罪』が
> 見事に否定・修正されています。陳腐なチラシよりも神ってますね。
> (コーラン2:35-37)
> 「われは言った。「アダムよ、あなたとあなたの妻とはこの園に住み、何処でも望む所で、思う存分食べなさい。だが、この木に近付いてはならない。不義を働く者となるであろうから」 ところが悪魔〔シャイターン〕は、2人を躓かせ、…
> その後、アダムは、主から御言葉を授かり、主は彼の悔悟を許された。本当に彼は、寛大に許される慈悲深い御方であられる」


このブログのコメントでコーランを引用された方は初めてなので興味深いです。
イスラム教で教義の修正がはっきりと「明文化」されているのですね。
ところがキリスト教では新約聖書以降、明文化された経典がなく、
その時代、その宗派、その人によって口頭で語られるわけですから、
都合に合わせて何とでも言い替えられますよね。
だからキリスト教は教義の解釈がコロコロと変わるのです。
2017-05-07 日 22:37:28 | URL | 桃栗 [編集]
Re: タイトルなし
> はじめまして
> 私はイエスキリストを信じている人間です
> 桃栗さんが嫌いな人種だと思いますが、よろしければ承認してあげてください
> 確かに、すべての人がキリストを信じれば世界は平和になるなどと的外れなことを言う人がいます
> そもそも、すべての人が信じるなら天国と地獄の意味がない
> 信じる人と信じない人がいるからこそ成立している、ということが何も分かっていないのだと思います

まさにこれですよ。
クリスチャンが救われる喜びに浸っていられるのは、
まさに大多数の「救われない人達」がいるからなのです。
特にクリスチャン人口の極めて少ない日本では。
だから、クリスチャンは救われる喜びに浸っていられるのです。
日本のクリスチャンは、日本のクリスチャン人口が少ないことを嘆きますが、
実は、自分たちが日本では「少数派」であることが心地良いのです。
その証拠に、エホバの証人のような積極的な伝道活動をしません。
本当に自分たちのキリスト教が正統派で、日本人に信じてもらいたいなら、
積極的に伝道活動をするはずなのに、
そんな活動もしないくせに、エホバの証人の戸別訪問を批判し、
自分達は正統派だと主張する割には積極的な伝道活動をしません。
それでいて、日本のクリスチャン人口が少ないと言って嘆く。
まったく見ていておかしくって仕方がありませんね。
クリスチャン人口を増やしたいのか増やしたくないのかどっちなのでしょう。
結局、自分たちが少数派であることで優越感を保っているだけです。
全員がクリスチャンになったら優越感に浸れませんから。

> 地獄に堕ちる人がいるというのに、こんな自分が天国に行ける
> 言葉に表せない程の喜びと感謝と申し訳ないという気持ちです
> 自分の解釈をひけらかしたり、コレが正しいアレが間違っているなどと神の真似事をしている人を見るたびに辟易します
> 桃栗さんのような方々がいるからこそ、私たちは救われている
> まさに今、神の義が行われている
> 本当に奇跡です
> 本当に有り難いことです
> そして、勘違いをして高ぶっている人たちの代わりに謝罪します
> ごめんなさい
> 彼らを許してあげてください
> 私も気を付けなくてはと、いい勉強になっています
> これからも楽しみにしてます

残念ながらあなたに謝罪されても全く嬉しくありません。
私を傷付けた人間に直接謝罪してもらいたいものです。
2017-05-07 日 22:49:16 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 異端ならば、斧でぶち殺しても構わない?
> タリウムで高校の同級生を失明させ、近所のエホバの証人の老婆を斧で殴り殺した殺人鬼・大内万里亜は、その名前「マリア」と出身高校 (ウルスラ) が示すように、クリスチャン・ホームの出です。
> 大内万里亜は、他にも、焼死体見たさに放火もしています。
>
> キリスト教の狂育を受けた殺人鬼について、クリスチャンのみなさんはどう思われますか?

いわゆる正統派を自称するクリスチャンに聞いたところで、
「それは本当のクリスチャンではない」とか
「その人は正しく信仰してない」というのがいつものお約束です。
クリスチャンとはまったくおかしなもので、
世界中にキリスト教が広まったと誇らしげに言う割には、
都合が悪い事例を取り上げられると、
それは本当のクリスチャンではないなどと言って関係を否定したがります。
そんなクリスチャンを嫌というほど見てきました。
2017-05-12 金 23:49:32 | URL | 桃栗 [編集]
お久しぶりです。キリスト教を否定するのに聖書の記述を根拠にあげるのは少しおかしいと思います。創世記の記述と言いますか、旧約の記述がすべて事実なんて思ってる人はクリスチャンでも少ないですよ。私は進化論を学校で習いましたし。全人類がクリスチャンになったら平和になるかと言われれば、そんなことはないと思います。全人類がイエスを体現できれば平和になるかもしれませんが。クリスチャンだって皆、弱い人間ですから日々反省です。それでもイエスの様な生き方をしようとつとめるのですから…多少は平和になるんじゃないですかねー。キリスト教はたしかに大勢の人を殺してきました。だからキリスト教はダメだ、っていうんじゃなくて、そんな過去の過ちも受け入れて反省することが大事だと思います。そして同じ過ちを犯さないようにしようと頑張っていくことが大事で、今のキリスト教はそのために日々頑張っていますよ。
なんせカインとアベルの話かを引き合いに出すのはちょっと暴論だと思います。それに50%じゃなくて25%ですよね。
2017-05-14 日 01:18:59 | URL | 三浦 [編集]
聖書の神様ってそもそも
戦争の捕虜は処女以外全部殺せっていう神様ですよね。それじゃ平和になるわけないですよね。そのくだりの戦争の原因も他国の人がイスラエル人を違う宗教に誘ったからですし、何その言いがかりは?と思いましたね。そういうと昔は世界中が戦争時はそうだったとかいいますけど、聖書だけですよね、それが神の命令だっていうのは。だいたい悪い奴らを皆殺しにしたら平和になるってどういう思考回路なんですかね?
2017-05-14 日 20:38:25 | URL | 猫好き [編集]
キリストを信じていると言いながら、信じていない人の上に立ち優越感に浸っている人は本当に多いです
神を軽んじています
まるでアクセサリー扱いです
桃栗さんは大変に辛い経験をされたのですね
同情されても嬉しくないでしょうが、どの記事やコメントからも、怒りや憎しみ、傷付いた心の叫びが伝わります
人間というのは本当に愚かです
クリスチャンなどと名乗っている人たちも所詮は人間です
正しいクリスチャンなどいません
聖書にも書いてありますが、本当に正しい人間など何処にもいないです
神との個人的な関係を誰かと比べて優越感に浸る人というのは、自分の信仰に自信がないのだと思います
不安や疑いがあり、それを払拭したいのでしょう
私たちは自由な意思が与えられ、神を信じ天国に行くことを強制されていません
怒りや憎しみに支配され地獄を選ぶこともできます
神様との一対一の関係を築いていくことができず、本当の喜びや感謝を感じることができないまま終わってしまうのは、とても悲惨です
悲しいことですが、それが人間の本質なのかもしれないですね
2017-05-15 月 22:44:19 | URL | アスラトキニシン [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-05-18 木 21:07:13 | | [編集]
Re: タイトルなし
> お久しぶりです。キリスト教を否定するのに聖書の記述を根拠にあげるのは少しおかしいと思います。

記事の内容を良くお読み下さい。
「キリスト教の世界では聖書に書かれているのは全て実話ということになっているので、
ここでもそれを前提として話を進めます。 」

> 創世記の記述と言いますか、旧約の記述がすべて事実なんて思ってる人はクリスチャンでも少ないですよ。

なぜクリスチャンは人によっていうことが違い、
しかも自分の解釈が正しいと思っているのでしょうか。
本当に不思議です。
私は幼いころから聖書に書いていることはすべて実話で、
科学者たちが言っていることは間違いだと教わりました。

そんなことを言うと、こんな反論をするクリスチャンが決まって現れます。
「今どきそんな風に教える教会はない」とか
「そんな風に教えるのは○○派だけ」とか、
とにかく自分と違う宗派や教派を否定するクリスチャンのなんと多いこと多いこと。

> 私は進化論を学校で習いましたし。全人類がクリスチャンになったら平和になるかと言われれば、そんなことはないと思います。全人類がイエスを体現できれば平和になるかもしれませんが。クリスチャンだって皆、弱い人間ですから日々反省です。それでもイエスの様な生き方をしようとつとめるのですから…多少は平和になるんじゃないですかねー。

ですから、創世記の記述が事実だという前提なら、
全員がクリスチャンになっても平和になることは絶対にありません。

> キリスト教はたしかに大勢の人を殺してきました。だからキリスト教はダメだ、っていうんじゃなくて、そんな過去の過ちも受け入れて反省することが大事だと思います。そして同じ過ちを犯さないようにしようと頑張っていくことが大事で、今のキリスト教はそのために日々頑張っていますよ。

いえ、キリスト教はダメです。
世界の治安にどう貢献したのでしょうか。
どういうわけかキリスト教圏に限って治安が悪く、
例えば中南米はクリスチャンが多いのにどこも著しく治安の悪い国ばかり。
アメリカでも銃撃事件が日常茶飯事ですよね。
日本に原爆を落としたことを絶対に謝罪しないくせに、
慰安婦の捏造話を信じて韓国の味方をして日本に謝罪しろと言ってくる。
ヨーロッパは今や難民が大勢押し寄せ治安が著しく悪くなっています。
私がクリスチャン時代だった時にも難民のための募金活動がよく行われていましたが、
あんな奴らのために募金していたのかと思うと腹が立ちます。
キリスト教があちらの社会にどう貢献しているのでしょうか。
むしろクリスチャン人口の極端に少ない日本の方が治安が良いです。

> なんせカインとアベルの話かを引き合いに出すのはちょっと暴論だと思います。それに50%じゃなくて25%ですよね。

アダムとエバの時代なら犯罪率100%ですよね。
2017-05-18 木 22:41:41 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 聖書の神様ってそもそも
> 戦争の捕虜は処女以外全部殺せっていう神様ですよね。それじゃ平和になるわけないですよね。そのくだりの戦争の原因も他国の人がイスラエル人を違う宗教に誘ったからですし、何その言いがかりは?と思いましたね。そういうと昔は世界中が戦争時はそうだったとかいいますけど、聖書だけですよね、それが神の命令だっていうのは。だいたい悪い奴らを皆殺しにしたら平和になるってどういう思考回路なんですかね?

罪びとを皆殺しにしても平和にならないことは、
創世記6章の「ノアの箱舟」で証明されています。
神は、罪びとを滅ぼして神に忠実であったノアとその家族だけを守り、
悪を一掃したはずだったのに、
全然平和になっていませんから。
何のための大洪水だったのでしょう。
意味不明です。
2017-05-20 土 22:44:11 | URL | 桃栗 [編集]
割り込み失礼します
キリスト教徒さんのコメントを見ていると、その悪性が顕著に出ますね

キリスト教の非を認めるふりをしながら話しはすり替えられ、自分たちの存在を正当化しているようにしか見えません


カインの殺人の時、犯罪率が25%は認めてあげますが、アダムとイヴを犯罪と見なせば75%です

罪名は神のモノを盗んだから窃盗かな


聖書、キリスト教を否定しながらクリスチャンて在り続ける…

これは神への冒涜では?
自分の都合良く聖書価値観を使い、己の信仰を正当化し、存在をアピールする…

僕に言わせれば人でなしです

自分を悔い改める事をしない、出来ない、する気も無い…

それがクリスチャン
2017-05-21 日 19:38:41 | URL | 司令官 [編集]
嘘つき
 初めまして。宗教のカルト問題に対する関心から、新宗教やキリスト教会を訪ね歩いている無宗教者です。

 神は正しい方なのですよね。そして、聖書は、すべて神によって霊感された誤りのない神のことばなんですよね。

 創世記2:17「ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。

 でも、聖書によればアダムもエバも死にませんでしたね。
 噓つきは神様の始まり、じゃなくって、神様は噓つきの始まり、ですかね。上記のとおり、この世の創造の時から「初めて嘘をついた」のが神様になるのだから…。
 聖書が正しいとしたら神様は嘘つき。神様が正しいとしたら聖書は誤り。さて、どっちでしょう…。
2017-05-22 月 00:57:24 | URL | マロウ [編集]
Re: タイトルなし
> キリストを信じていると言いながら、信じていない人の上に立ち優越感に浸っている人は本当に多いです
> 神を軽んじています
> まるでアクセサリー扱いです
> 桃栗さんは大変に辛い経験をされたのですね

本当にクリスチャンには特権階級気取りの人が多いです。
私は個人を特定されたくないので詳しくは書きませんが、
クリスチャンホームに生まれてなぜこんなに理不尽な目に遭わなければならなかったのかと、
本当に本当に大きな怒りを感じます。
その怒りがブログを続ける原動力になっています。

> 同情されても嬉しくないでしょうが、どの記事やコメントからも、怒りや憎しみ、傷付いた心の叫びが伝わります
> 人間というのは本当に愚かです
> クリスチャンなどと名乗っている人たちも所詮は人間です
> 正しいクリスチャンなどいません
> 聖書にも書いてありますが、本当に正しい人間など何処にもいないです

まったくその通り。
なのに、キリスト教の都合の悪い事例をブログや知恵袋などに書くと、
「その人は正しいクリスチャンではない」とか
「そういうことを教える教会は正しいキリスト教ではない」とか
自分が神様になったつもりで「判定」する人のなんと多いこと。

> 神との個人的な関係を誰かと比べて優越感に浸る人というのは、自分の信仰に自信がないのだと思います
> 不安や疑いがあり、それを払拭したいのでしょう

まさにその通り。
自分の信仰に自信がないから、
エホバの証人、統一教会、モルモン教など「異端」だと称して、
自分達こそが正統派キリスト教だと主張するのです。
そんなに自分たちが正統派キリスト教だと自信たっぷりに胸を張って言うなら、
自分達から出向いて行って改宗させればいいではないですか。
なのにそういうことを絶対にしようとしません。
理由は簡単。自信がないからです。

> 私たちは自由な意思が与えられ、神を信じ天国に行くことを強制されていません
> 怒りや憎しみに支配され地獄を選ぶこともできます
> 神様との一対一の関係を築いていくことができず、本当の喜びや感謝を感じることができないまま終わってしまうのは、とても悲惨です
> 悲しいことですが、それが人間の本質なのかもしれないですね
2017-05-22 月 22:26:38 | URL | 桃栗 [編集]
今回はすぐに書き込まないで、色んな人のコメントを読んでからにしようと思い、
その間、この問題について考えていました。
すると、当たり前のような結論に達しました。
それは、「全人類がクリスチャンになることは不可能である」ということです。

比較的短期間に、急激にクリスチャンが増えた国と言えばやはり韓国です。
しかし、キリスト教をベースにした新宗教がこれほど多く生まれた国も珍しいです。
そして、韓国のクリスチャン人口の比率は一般的に言われているよりも少なく、
その原因が新宗教に流れたからと言われています。

統一教会はご存知でしょう?
他にも新天地、万民教会などが生まれ、
最近驚いたのは「父なる神」だけでは不十分だから「母なる神」も作ろうとしたり(マリアのことだろうか?)…
こんなのあるの?と思いたくなるほど新宗教、珍宗教が韓国から生まれています。

よって、クリスチャンが爆発的に増えると新宗教が生まれ、次第にそっちに流れるから、
全人類がクリスチャンになることはありえないということです。
つまり議論しても仕方ないような気がします。

ただ、これをもって最終的結論とする前に、アフリカの様子も注視したいと思いますが、残念ながら韓国ほどは情報が入ってこないです。
2017-05-23 火 13:45:49 | URL | ペンテコスちゃん [編集]
Re: 割り込み失礼します
> キリスト教徒さんのコメントを見ていると、その悪性が顕著に出ますね
>
> キリスト教の非を認めるふりをしながら話しはすり替えられ、自分たちの存在を正当化しているようにしか見えません
>
>
> カインの殺人の時、犯罪率が25%は認めてあげますが、アダムとイヴを犯罪と見なせば75%です
>
> 罪名は神のモノを盗んだから窃盗かな
>
>
> 聖書、キリスト教を否定しながらクリスチャンて在り続ける…
>
> これは神への冒涜では?
> 自分の都合良く聖書価値観を使い、己の信仰を正当化し、存在をアピールする…
>
> 僕に言わせれば人でなしです
>
> 自分を悔い改める事をしない、出来ない、する気も無い…
>
> それがクリスチャンクリでしょうね。

クリスチャンは自分が神様になった気分でいたいのでしょう。
そして、神を信じていない人たちを「罪びと」と称して優越感に浸る。
それがクリスチャンという生き物の習性です。
2017-05-30 火 22:26:13 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 嘘つき
>  初めまして。宗教のカルト問題に対する関心から、新宗教やキリスト教会を訪ね歩いている無宗教者です。
>
>  神は正しい方なのですよね。そして、聖書は、すべて神によって霊感された誤りのない神のことばなんですよね。
>
>  創世記2:17「ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。
>
>  でも、聖書によればアダムもエバも死にませんでしたね。
>  噓つきは神様の始まり、じゃなくって、神様は噓つきの始まり、ですかね。上記のとおり、この世の創造の時から「初めて嘘をついた」のが神様になるのだから…。
>  聖書が正しいとしたら神様は嘘つき。神様が正しいとしたら聖書は誤り。さて、どっちでしょう…。

全くそのとおりですよ。
聖書の記述が正しいなら、二人は果実を食べてすぐ死んでもいいはずなのに、
すぐには死んでいませんよね。
それどころか、創世記5:5によるとアダムは930歳まで生きたそうです。
そう言う矛盾を指摘すると、クリスチャンは苦し紛れの言い訳をするのがお約束です。
つまり、果実を食べるまでは人間は死なないことになっていたのに、
果実を食べてしまったがために人間には「寿命」ができたと言い張るのです。
しかし、そうすると創世記1:28と矛盾が生じます


「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。
海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」

人間が死ぬことなく、神の言葉通りに産んで増えて地に満ち、
動物を人間の思うがままに支配したら、
地球上は一体どうなるんでしょうか?
2017-05-30 火 22:36:59 | URL | 桃栗 [編集]
信じてみたいのに・・・
 お忙しい中、お返事、ありがとうございます。

>Re: 嘘つき
>そう言う矛盾を指摘すると、クリスチャンは苦し紛れの言い訳をするのがお約束です。
>つまり、果実を食べるまでは人間は死なないことになっていたのに、
果実を食べてしまったがために人間には「寿命」ができたと言い張るのです。

 こうなると、また悩みが増します。

 創世記3:3「でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない。」
 園の中央には、[命の木と善悪の知識の木を生え出でさせた。](創世記2:9)
 創世記3:24「こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。」

 創世記にはあからさまには記述されていませんが、命の木の実を食べると神と同じ不死の者となるので、アダムとエヴァを追放し、戻ることができないようにしたということです。つまり、善悪の知識の木の実を食そうが食しまいが、不死ではなかったと思うのです。
 もし、神を裏切るまで不死であったとしたら、命の木とは何だったのでしょう?

 私は、この世をより善く正しく生きたいと思い、他の宗教とともに一つの道としてキリスト教を学んでいます。でも、聖書は(原典において)誤りなき神の言葉、三位一体の教義、処女マリアから生まれ(実際は少女または乙女マリアが、いつの間にか処女にされてしまった・・・)とか、旧新約聖書の奇跡物語とか、信じられないものに目を瞑って信仰告白することはできないと躓いているのです。
 聖書主義。原典において誤りなきと言えば、日本語訳聖書の記述の矛盾も言い訳できるとしたら、では、拝読・通読している「日本語訳聖書」に記述されている誤謬ある記事を信仰するって、嘘を信じる嘘の信仰になるのでしょうか・・・。それとも罰当たりな勝手なご都合主義の解釈の横行を神様が許されているのでしょうか。

 旧約の時代のように、神様が直接、現れてくれないかしら。イエスが「おはよう」と声を掛けてくれないかしら。ついでに「什一献金なんて聖書に根拠のない教えで、金に仕えるサタンの囁きだから、私が裁きます」と明言してくださらないかしら。
2017-06-01 木 17:44:24 | URL | マロウ [編集]
世界が一つの宗教の下で結束すれば、今よりマシな世界が出来るとの主張は完全に間違いではないと思います。少なくとも現在起こっているイスラムvsキリスト&ユダヤの戦う理由が無くなる。もちろん水や食料などを巡って戦争は無くならないし、犯罪率も下がる可能性もない。でも現在のイスラム国によるテロは無くなるんじゃないかな~。宗派も一つだけにすると宗派の対立も無くなる。そう考えるとそれほど間違ってない気がする。

でも一つの宗教一つの宗派にするためには多大な犠牲が必要になってくる。完全なる宗教による独裁政治が必要だし、異教徒は皆殺しにするか、時間をかけてイスラム教徒による侵略結婚でイスラム一色になるまで待つ必要がある。

他の宗教を認めるほうが平和への近道だと日本人は考えるけど、一神教徒(特にイスラム)に寛容を求めても、彼らには理解し難いことだけど・・・・

日本人キリスト教徒の事は親と親戚しか知らないからあまり理解してないけど、ほとんどの白人キリスト教徒は世界がキリスト教に染まれとは考えてないですよ。だって彼らはほとんどキリスト教に興味なし。教会にも通ってない。教会に通うキリスト教徒は敬遠されますし。国や地域に違いはありますが教会に通ってても、キリスト教に染めてやると考えるキリスト教徒はほとんど存在しないんじゃないかな?
2017-06-03 土 17:36:04 | URL | 異教徒 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad