■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
悪魔を医療の象徴にする欧米人
日本の年末年始では、クリスマスを楽しみ、除夜の鐘を聞いて、初詣に行くことから、
日本人の宗教観はいい加減だとよく言われます。
たった1週間で3つの宗教が入れ替わるわけですから。
しかし、欧米人の宗教観だって十分にいい加減です。
私がそう思う根拠をご説明しましょう。


皆さんはWHO(世界保健機関)のことは、少なくとも名前ぐらいはご存知ですね。
本部がスイスのジュネーブにあることもご存知ですよね。
そのロゴマークを見たことがありますか?
WHO.png
中央になぜか蛇が巻き付いた杖が描かれています。
これは、アスクレピオスの杖と呼び、
ギリシア神話の名医アスクレピオス持っていた蛇の巻きついた杖に由来します。
そして、この蛇の図柄は医療の象徴として、
世界中の保健、医療等の分野で広く使われているとのことです。

しかし、ご存じの通り、本部のあるスイスはキリスト教圏です。
国旗にも十字が描かれるほどにキリスト教の信仰が篤いはずの国です。
それなのに、なぜわざわざ他宗教に由来する蛇を医療の象徴として使うのでしょうか。
なぜ多くの病人を癒したイエス・キリストを象徴にしないのでしょうか。
しかも、キリスト教ではヘビは悪魔として描かれているのです。

日本聖書協会の聖書検索で蛇が登場する箇所を調べると、
旧約聖書では創世記、出エジプト記、民数記、申命記、列王記下、ヨブ記等、
新約聖書ではマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、ヨハネの黙示録等、
実に多岐にわたって蛇が登場し、そのすべてが悪として描かれているのです。
イエスも、パリサイ人や律法学者を批判する時に
「蛇よ、蝮(まむし)の子らよ!」と罵ったのはクリスチャンならご存知ですよね。
その悪魔であるはずの蛇がWHOのシンボルマークになっているのです。
あちらのクリスチャンは聖書を読んでいないのでしょうか?

そしてさらに、世界各国の保健・医療関係の団体を調べてみたところ、
出るわ出るわ、蛇をシンボルマークにしたものが。
AMA.png
これはアメリカン・メディカル・アソシエーションのロゴマークです。
右側に蛇が描かれています。

AMWHO.png
こちらもアメリカの団体のもので、自由の女神に蛇が巻き付いている図柄です。
蛇はギリシャ神話が由来ですが、自由の女神はローマ神話が由来です。
つまり、これはギリシャ神話とローマ神話のチャンポンなのです。
それでいて、大統領就任式では聖書に手を置いて宣誓を行うほどに、
キリスト教との結びつきが非常に強い国。
それなのにケルト民族由来のハロウィンを盛大に楽しむ国民。
アメリカ人の宗教観もずいぶんいい加減なものですね。

BMA.png
これはイギリスのブリティッシュ・メディカル・アソシエーションのロゴで、
やはり蛇が描かれています。

HIG.png
これはギリシャの団体のものです。
ギリシャはキリスト教にもっとも重要な国の一つです。
聖書の舞台にもなっているほか、
新約聖書の原文はギリシャ語で書かれたとされているからです。
そして、ギリシャの宗教の98%は、キリスト教の一派のギリシャ正教会だそうです。
それなのに、しっかりとヘビが描かれています。
やはりギリシャ神話の本家だからでしょうか。

az.png
南半球の国も同じですね。
左はオーストラリアン・メディカル・アソシエーション、
右はニュージーランドの団体のものです。

この蛇のシンボルマークは本当に本当に世界中で使われていて、
例を挙げればまったくきりがありません。
皆さんも health, medicalなどの健康・医療を表す単語に
組織・団体を表すorganization, association, society、
そして国名などを付けてネットで画像検索してみてください。
本当にこれでもかと言うほど蛇のマークが見つかります。

さて、敬虔なる日本のクリスチャンの皆さん、
日本でも欧米のようにクリスチャン人口が広まってほしいと願っているようですが、
欧米のお仲間の信仰なんて十二分にいい加減ですよ。
聖書で悪魔として描かれているものをシンボルマークにするのですから。
あちらの人達にはその程度の信仰しかありません。
なので、日本人の宗教観がいい加減だと嘆く必要は全くありません。

にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

キリスト教一般の疑問 | 15:40:05 | トラックバック(0) | コメント(20)
コメント
蛇のシンボルマークについて
おそらく「医学史において」の祖(その道筋を立てた功績のある者)という意味であって、各国のキリスト教の権威から敬意を払われる存在なのでしょう。自分のような者が出過ぎたことをして恐縮ですが、一度「医学史」を調べられた方がよろしいかと思います。


あと、「 神様とはクリスチャン自身である」のコメント一覧にあった「真善美の探究」云々については気を付けた方がいいと思います。あれは明確な神に対する叛逆であり、ゆるし難いものです。


2016-09-11 日 18:34:00 | URL | みぃちゃん [編集]
〔訂正〕
× 道筋を立てた

⚪︎道をつくった(方向付けた)
2016-09-11 日 18:49:16 | URL | みぃちゃん [編集]
よい傾向
これは寧ろ、キリスト教圏には功績ある他者を受け入れる余地があるという、よい傾向のあらわれであると思います。

ブログ主殿はこの意見に対し、どう思いますか?
2016-09-12 月 14:54:42 | URL | Apple55 [編集]
Re: 蛇のシンボルマークについて
> おそらく「医学史において」の祖(その道筋を立てた功績のある者)という意味であって、各国のキリスト教の権威から敬意を払われる存在なのでしょう。

ということは、結局はイエスの功績よりも他宗教の功績の方が重要だということですね。

> 自分のような者が出過ぎたことをして恐縮ですが、一度「医学史」を調べられた方がよろしいかと思います。

こういうレス、私は嫌いなんですよ。
クリスチャンなんかにも多いですが、
自分から反論してきておいて、
「聖書を調べられた方がいいと思います」
「一度、教会へ行かれた方がいいと思います」などのように、
反論した相手に根拠を調べさせるコメントです。
反論してきた側が根拠を調べるのが筋というものです。
そういうレスを見ると、貴方が調べて私に教えてくださいと言いたくなります。
2016-09-17 土 10:45:39 | URL | 桃栗 [編集]
Re: よい傾向
> これは寧ろ、キリスト教圏には功績ある他者を受け入れる余地があるという、よい傾向のあらわれであると思います。
>
> ブログ主殿はこの意見に対し、どう思いますか?

私は、悪い傾向だとは一言も言っていません。
私が言いたいのは、日本人も欧米人も大して宗教観が変わらないということ、
そして、日本人の宗教観がいい加減などと、
自虐的になる必要は全くないということです。
むしろ、愛を説くキリスト教を信仰しておいて、
植民地支配や戦争をした白人の方が宗教観がおかしいと感じることがあります。
日本はいつも戦争のことで謝罪を求められますが、
白人国家なんて有色国家には絶対謝罪しませんから。
2016-09-17 土 11:05:56 | URL | 桃栗 [編集]
もしかしたら、それはフリーメーソンと関係があるかもしれないです。
かなり昔から、欧米人の多くがキリスト教を離れ、フリーメーソンに加入し、
その動きをプロテスタントよりもむしろカトリックが激しく嫌悪したという興味深い話があります。

フリーメーソンについては、私もあまり詳しく知らないのですが、
(ググッてみても今一つ全容がつかめない)
とりあえず今知っていることだけ書きました。
あくまで、可能性の1つとして考えてみて下さい。
2016-09-17 土 13:17:15 | URL | ペンテコスちゃん [編集]
これは非常に面白い事例ですよね。
蛇の杖もそうですし、ギリシャの神々はデーモン化されることなく過去から現代まで伝わってますね。
絵画や彫刻も好意的に扱われています。
かたや北欧や北ヨーロッパは、キリスト教によって神々がデーモン化されたり、古来の祭りがキリスト教にすり替えられたり。

ギリシャは初期に伝道がされたにも関わらず、独自の宗教感と文化を守ってきたんですねえ。しかもそれらが蛇の杖のように世界に影響を与えているわけで。

私たち日本人も、ギリシャのように自国文化と歴史に誇りを持ちたいですね。
2016-09-18 日 14:05:33 | URL | タカえもん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-20 火 19:28:19 | | [編集]
杖に巻き付いた蛇について
こんばんは。
23歳の自称クリスチャンです。

杖に巻き付いた蛇について調べたら、この話はギリシャ神話から来るそうですね。Wikipediaに書いてありました。次にギリシャ神話について同じくWikipediaで調べたら、この神話ができた年が紀元前1500年頃のようです。そしてその頃、聖書のモーセが生きていたようです。
聖書には、イスラエルの民が荒野を旅していた時に、かみさまに従わなかったためにかみさまが送られた蛇に足を噛まれてイスラエルの人々が死ぬという話があります。しかし、かみさまの命令で「旗竿の上に付いた青銅の蛇」を仰ぎ見た者は、蛇に噛まれても生きることができたのです。僕はギリシャ神話に出てくるその「杖に巻き付いた蛇」の話の元が、聖書のそのモーセの話から来ているんじゃないかなーと思ったのでした。
2016-09-23 金 03:39:55 | URL | 23歳の自称クリスチャン [編集]
Re: タイトルなし
> もしかしたら、それはフリーメーソンと関係があるかもしれないです。
> かなり昔から、欧米人の多くがキリスト教を離れ、フリーメーソンに加入し、
> その動きをプロテスタントよりもむしろカトリックが激しく嫌悪したという興味深い話があります。

欧米人は最初からキリスト教なんか真面目に信じていなかったのではないかと感じます。
日本人が仏教や神道を真剣に信じていないのと変わらないでしょう。
むしろ、欧米人はキリスト教を信じているというより、
キリスト教を「利用している」ように見えます。
2016-09-23 金 23:38:29 | URL | 桃栗 [編集]
Re: タイトルなし
> これは非常に面白い事例ですよね。
> 蛇の杖もそうですし、ギリシャの神々はデーモン化されることなく過去から現代まで伝わってますね。
> 絵画や彫刻も好意的に扱われています。
> かたや北欧や北ヨーロッパは、キリスト教によって神々がデーモン化されたり、古来の祭りがキリスト教にすり替えられたり。

全くその通りです。
クリスマスがその最たる例ですね。
もみの木を飾る習慣は北欧神話に由来するものであって、
キリスト教とは全く関係ありません。
それ以外にも、ヨーロッパの土着の宗教とキリスト教が結びついた祭りがたくさんあります。
日本だって、神道とキリスト教が結びついた「元日礼拝」がありますしね。

> ギリシャは初期に伝道がされたにも関わらず、独自の宗教感と文化を守ってきたんですねえ。しかもそれらが蛇の杖のように世界に影響を与えているわけで。
>
> 私たち日本人も、ギリシャのように自国文化と歴史に誇りを持ちたいですね。

その通りですよ。
欧米コンプレックスから脱却して日本人としての自信を持ちましょう。
ただし、半島の人のようにあまりにも自信過剰になるのも困りものですが。
2016-09-28 水 22:47:45 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 杖に巻き付いた蛇について
> こんばんは。
> 23歳の自称クリスチャンです。
>
> 杖に巻き付いた蛇について調べたら、この話はギリシャ神話から来るそうですね。Wikipediaに書いてありました。次にギリシャ神話について同じくWikipediaで調べたら、この神話ができた年が紀元前1500年頃のようです。そしてその頃、聖書のモーセが生きていたようです。
> 聖書には、イスラエルの民が荒野を旅していた時に、かみさまに従わなかったためにかみさまが送られた蛇に足を噛まれてイスラエルの人々が死ぬという話があります。しかし、かみさまの命令で「旗竿の上に付いた青銅の蛇」を仰ぎ見た者は、蛇に噛まれても生きることができたのです。僕はギリシャ神話に出てくるその「杖に巻き付いた蛇」の話の元が、聖書のそのモーセの話から来ているんじゃないかなーと思ったのでした。

その逆の可能性は考えないのですか?
聖書の方が他の神話のパクリだという話もありますが。
2016-10-03 月 22:32:13 | URL | 桃栗 [編集]
桃栗さん。こんにちは。

私はクリスチャンですが、一つの考えだと思って聞いてください。

国旗やロゴだけで判断するのはどうかと思います。
ある国のクリスチャン人口は100%だとします。
その国が蛇を国旗に使ったりするのはおかしいと思いますが、そんな国はどこにもありませんよね。
専門家ではないので詳しい数字はわかりませんが、日本のクリスチャン率は1%にも満たず、また世界でも23億人、全体の33%しかありません。
それにロゴを作った方、決めた方がクリスチャンなら問題があるかもしれませんがクリスチャンじゃないかもしれませんよね。

ご存知の通り、クリスチャンには様々なタイプの人、宗派があります。
キリスト教は、根本的にイエスを信じれば救われるというところは変わりませんが信仰生活はあくまでも個人に委ねられています。
国がキリスト圏内だとか、聖書を読むのが親しまれているだとかは関係ありません。クリスチャンは聖人で完璧であるなんてこともありません。ただ罪人だと認めたた、だの人間にすぎません。むしろ認めたからこそ、普通より質が悪いとも言えます。
なので、残念ながらクリスチャンでありながら間違った考えを持って対立し合ったり、信仰を趣味程度にしか思っていなかったりする人がいます。

私も人のことが言えない半端者ですが、キリスト教全体ではなく個人で見ていただけるととても助かります。
桃栗さんが指摘されるように皆が立派であるべきとは思いますが、キリスト教を信じれば即聖人ではなく、赤子が少年少女、そして成人するように死ぬまで成長過程にあります。
キリスト教を嫌われるのは構いませんが、そこだけは誤解して欲しくないです。

駄文、長文失礼しました。
2016-10-04 火 16:40:47 | URL | 半端 [編集]
Re: タイトルなし
> 桃栗さん。こんにちは。
>
> 私はクリスチャンですが、一つの考えだと思って聞いてください。
>
> 国旗やロゴだけで判断するのはどうかと思います。
> ある国のクリスチャン人口は100%だとします。
> その国が蛇を国旗に使ったりするのはおかしいと思いますが、そんな国はどこにもありませんよね。
> 専門家ではないので詳しい数字はわかりませんが、日本のクリスチャン率は1%にも満たず、また世界でも23億人、全体の33%しかありません。
> それにロゴを作った方、決めた方がクリスチャンなら問題があるかもしれませんがクリスチャンじゃないかもしれませんよね。

冷静に良くお考えください。
欧米圏はクリスチャン人口が多い印象がありますが、
聖書では悪魔として描かれている蛇をシンボルに使うことに関して、
あちらのクリスチャンが反対しているという声を聞きません。
記事に挙げた国以外に、
フィンランド、スウェーデン、ドイツ、フランス、スペインなど、
キリスト教圏であるはずの様々な国で蛇をシンボルマークにしているのです。
ということは、あちらのクリスチャンは聖書をちゃんと信じていないか、
あるいは、もともと日本人が思うほどクリスチャン人口は多くないということです。
欧米のキリスト教なんてその程度です


> ご存知の通り、クリスチャンには様々なタイプの人、宗派があります。
> キリスト教は、根本的にイエスを信じれば救われるというところは変わりませんが信仰生活はあくまでも個人に委ねられています。
> 国がキリスト圏内だとか、聖書を読むのが親しまれているだとかは関係ありません。クリスチャンは聖人で完璧であるなんてこともありません。ただ罪人だと認めたた、だの人間にすぎません。むしろ認めたからこそ、普通より質が悪いとも言えます。

ええ、その通り、クリスチャンは質が悪いですね。
自分達が罪びとだと認め、罪びとを認めない人たち(非信者)を見下すのですから。

> なので、残念ながらクリスチャンでありながら間違った考えを持って対立し合ったり、信仰を趣味程度にしか思っていなかったりする人がいます。

ほとんどの人がキリスト教を趣味程度にしか思っていないのでしょう。
日本人が真剣に仏教や神道を信じていないのと同じように、
欧米人も真剣にはキリスト教を信じていないのです。
よく、日本人の宗教観はいい加減だと言われますが、
欧米人の宗教観だって大して変わりません。

> 私も人のことが言えない半端者ですが、キリスト教全体ではなく個人で見ていただけるととても助かります。
> 桃栗さんが指摘されるように皆が立派であるべきとは思いますが、キリスト教を信じれば即聖人ではなく、赤子が少年少女、そして成人するように死ぬまで成長過程にあります。
> キリスト教を嫌われるのは構いませんが、そこだけは誤解して欲しくないです。

またもやクリスチャン特有の矛盾する発言です。
私がキリスト教を嫌うのを構わないと言っておきながら、
なぜ私の「嫌い方」にケチをつけるのでしょうか。
矛盾していますよ。
嫌うのが構わないのなら、私は私のやり方で嫌いますので。
2016-10-11 火 22:15:42 | URL | 桃栗 [編集]
桃栗さん、こんばんは。
お忙しい中、返信ありがとうございます。

正直に言いますと、今回コメントしたのは桃栗さんと討論したいのではありません。
私がコメントした理由は、一人のクリスチャンとして人として傷ついたからです。

桃栗さんの自己紹介やキリスト教を嫌う理由についての記事を読みましたが、私自身、桃栗さんがキリスト教を嫌うのは少なからず、わかります。
私の父はクリスチャンではありませんが、母がクリスチャンでした。母の影響で小さい時から教会に通っていました。
私がクリスチャンになったのは高校の時に部活が原因で不登校になり、自暴自棄になりました。その時にあるきっかけでプロテスタントの教会に行き、クリスチャンとなり洗礼を受けました。
最初は上手くいきましたが、聖書に書かれていることと周りのクリスチャンの現実とのギャップに困惑し、牧師夫人の一言で不信が募り、本当に助けてほしい時に誰も助けてくれず、疑問も解決せず、教会でも自分の居場所を感じられず、教会やクリスチャンが嫌いになり、教会から離れていきました。そして、大学進学したあとも精神的に不安定になり、生きることが嫌になり、何度も休学しました。
でも、私が自殺することなく希望を持って今生きているのは唯一信じていた信仰のおかげでした。

その私からすると、桃栗さんがキリスト教から離れ、嫌われていることは理解できますのでそこは本当に変な思いはありません。
でも、一部のクリスチャンのせいでちゃんとしているクリスチャンまで悪く言われるのは悲しかったです。
私は同じクリスチャンからたくさん傷を受けました。それでも世の中の人のために伝道する目的だけではなく、頑張っておられる人を何人か知っていますし、知らないだけで世界にはたくさんいると思います。
私が桃栗さんに言いたいことは、あなたの気持ちや考えは間違っていないにしてもやり方や言い方に問題があると思います。

どれだけ辛くても被害者が加害者になってはいけないし、自分のブログだから何でも言っていいということはないと思います。
クリスチャンや聖書の内容を見下して記事を書くのはキリスト教を批判する以前の問題だと思います。
2016-10-12 水 01:33:14 | URL | 半端 [編集]
蛇のマークと関係があるかどうかは未だ不明ですが、
前にも書いたようにフリーメーソンについて調べています。
桃栗さんが批判した著名なクリスチャンの中に、
フリーメーソンの疑いを持たれている人がいます。

桃栗さんのように、とうに信仰を捨てた人でも、
欧米ではそのまま「私はクリスチャンです。」と言うようです。
その方が社会的信用を得やすいという話を聞いたことがあります。
この辺りは日本と全然違いますね。

桃栗さんが「あなたはクリスチャンですか?」と聞かれたら多分否定されると思います。
「元クリスチャンです。」と答えるのは反則ですよ(笑)
クリスチャンか、そうでないかを聞いているんですから(笑)
これは桃栗さん自身が嫌う答え方です(笑)

ところで、フリーメーソン加入の条件として、何らかの宗教を信じていることが必要だそうです。
加入時にはクリスチャンであってもいいわけです。
でも無宗教では加入できないんです。
だから日本では流行らないんですね。
2016-10-14 金 14:48:30 | URL | ペンテコスちゃん [編集]
Re: タイトルなし
> 桃栗さん、こんばんは。
> お忙しい中、返信ありがとうございます。
>
> 正直に言いますと、今回コメントしたのは桃栗さんと討論したいのではありません。
> 私がコメントした理由は、一人のクリスチャンとして人として傷ついたからです。

前回も書きましたが、
貴方は私がキリスト教を嫌うのは構わないと書いたはずです。
嫌うのが構わないのなら、どんな嫌い方でもいいはずですよね。
それなのに、私のやり方に文句をつけるのは矛盾しています。
それから、トップページの自己紹介を良くお読みください。

記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。
2016-10-17 月 22:20:09 | URL | 桃栗 [編集]
Re: タイトルなし
> 蛇のマークと関係があるかどうかは未だ不明ですが、
> 前にも書いたようにフリーメーソンについて調べています。
> 桃栗さんが批判した著名なクリスチャンの中に、
> フリーメーソンの疑いを持たれている人がいます。

フリーメーソンという言葉は聞いたことがありますが、
実は私はあまりよく知らないし、興味がありません。
Wikipediaを読んでみても今一つわかりません。
しかし、キリスト教以外の何かの思想や信条を強く持っている人達が多いとすれば、
やはりあちらの人のキリスト教の信仰はその程度のものなのでしょうね。
キリスト教文化圏とされているところでも、
やはり何かしら他宗教の要素は入っているはずです。
2016-10-23 日 22:47:19 | URL | 桃栗 [編集]
聖書の教えが悪いのでは?
桃栗さん、こんばんわ。工場で夜勤をしてるのでこんな時間に書き込んでいます。キリスト教も他の宗教が全て間違っていてキリスト教だけが正しいっていう主張がなければここまで批判を受けないと思うんですけどねえ。僕の嫁さんの行ってる教会の牧師さんも神社とかお寺は行くのは良いけどお祈りしてはいけないとか、(これはまだ理解出来ます)家の中に他宗教関係の物は一切置いてはいけないとか、(これはええ?って感じです)じゃあ世界中で唯一正しい教えって何?って思って聖書を読んだら納得出来ない所がいっぱいでした。伝道の書の部分はいいなあとおもいましたけど。キリスト教も初期の勢力の弱い時は他の宗教と妥協して他宗教の要素を取り入れたりしていたけど、世界中に宣教して勢力が強くなると今みたいに排他性が強くなってきたんですかね?
2017-02-14 火 02:25:50 | URL | 猫好き [編集]
Re: 聖書の教えが悪いのでは?
> 桃栗さん、こんばんわ。工場で夜勤をしてるのでこんな時間に書き込んでいます。キリスト教も他の宗教が全て間違っていてキリスト教だけが正しいっていう主張がなければここまで批判を受けないと思うんですけどねえ。

その通りですね。
日本各地には様々な神様が祀られていますが、
どこの神様が正統派だとか、どこの神様の方がいいとか、どこの神様が異端だとか、
そんな風に比較したり批判したりしませんよね。
数えきれない神様が祀られている日本にはキリスト教は馴染みません。
ところがキリスト教に限っては、
他宗教だけではなく自宗教の他宗派に対しても否定的で排他的なのです。
そして、「互いに愛し合いなさい」というイエスの言葉を看板に掲げながら、
やれうちは正統派だとかあそこは異端だとか、
互いに否定し合っているのが滑稽でなりません。

> 僕の嫁さんの行ってる教会の牧師さんも神社とかお寺は行くのは良いけどお祈りしてはいけないとか、(これはまだ理解出来ます)家の中に他宗教関係の物は一切置いてはいけないとか、(これはええ?って感じです)じゃあ世界中で唯一正しい教えって何?って思って聖書を読んだら納得出来ない所がいっぱいでした。伝道の書の部分はいいなあとおもいましたけど。キリスト教も初期の勢力の弱い時は他の宗教と妥協して他宗教の要素を取り入れたりしていたけど、世界中に宣教して勢力が強くなると今みたいに排他性が強くなってきたんですかね?

キリスト教だけがなぜ際立って排他性が強いのかは、
私にも良く分かりません。
「一神教だから」というだけでは答えにならないと思います。
イスラム教も一神教ですが、
自分たちは信仰をかたくなに守っても、
他民族に対しては信仰を押し付けてきません。
そこが不思議なところです。
2017-02-26 日 21:31:40 | URL | 桃栗 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad