■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クリスマスはキリスト教なのか?
毎年この時期になると、
日本人のほとんどはクリスチャンじゃないのにクリスマスを祝うのはおかしい、
と発言する人を見受けます。
しかし、クリスマスは本当にキリスト教でしょうか。


まず、過去にも発現しましたが、
イエスが誕生したとされる日が12月25日と言うのはミトラ教が由来であり、
聖書にはまったく日付は記されていません。

そしてクリスマスと言えば、クリスマスツリーですよね。
これもまったく聖書に由来するものではありません。
北欧神話が取り入れられたものです。
イスラエルは砂漠の国ですから、モミの木は生えていないと思います。
もちろん聖書にもまったく登場しません。
日本にも似た習慣がありますよね。
そう、あの七夕の笹です。

そして西洋では玄関にクリスマスリースを飾りますが、
あれもヨーロッパの他宗教に由来するものです。
日本で年末年始に玄関にしめ縄や門松を飾るのと同じです。
それにクリスマスリースに使う材料の植物、
聖書に由来するものがどれほどあるでしょうか。

キリスト教は一神教であり、
偶像を作ることはモーセの十戒で固く禁じられているではありませんか。

あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。出エジプト記/ 20章 04節、申命記/ 05章 08節

そして去年も書きましたが、
欧米では、クリスマスの日にヤドリギの下では好きな人にキスすることができる、
という伝説があります。
これも北欧神話に由来するものです。
このヤドリギ伝説はかなり強力なようで、
マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」の歌詞に出てくるほか、
あのドラマのMrビーンにも登場しています。(去年の今頃の記事を参照)
さらに、あちらではクリスマス用に花屋でヤドリギが売られているそうです。

もちろん、サンタクロースやトナカイもまったく聖書とは関係ありません。
聖書にはトナカイなど出てきません。
クリスマスケーキなども、もちろん聖書とはまったく関係がありません。
プレゼント交換に関しては、
イエスが生まれた時に博士たちから3つの贈り物、
すなわち黄金と乳香と没薬を捧げられたことに由来するようですが、
それなら今も同じことをすればいいではないですか。
なのに、自分たちでプレゼント交換して幸せな気分に浸るのもおかしな話です。

どうですか?
冷静に考えれば、クリスマスの習慣のほとんどすべてが聖書に由来するものではなく、
他宗教から取り入れられたものばかりです。
今、教会に七夕の笹やしめ縄、門松、鏡餅などを飾ると、
誰もがおかしいと思うでしょう。
しかし、それと同じことをすでにヨーロッパの人達はしているのです。
日本人の宗教観はいい加減だと言われますが、
欧米人の方がもっといい加減だと思いませんか?

ご存じの通り、エホバの証人はクリスマスを「異教の祭り」だとして否定しています。
一方で正統派を名乗るキリスト教側は、
自分達こそ聖書を正しく信仰していると言い張る割には、
聖書に書いていないことばかりをやっているというこの矛盾。
滑稽で仕方ありません。

皆さん、欧米人から日本人の宗教観について指摘されても卑屈になる必要はありません。
そんな時は、クリスマスこそキリスト教ではないと言い返してやりましょう。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスマスの疑問 | 22:13:20 | トラックバック(0) | コメント(12)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-12-16 火 00:02:00 | | [編集]
異教に由来
「クリスマスはキリストの誕生日」
というのは、やはり後世のキリスト教教会が作り上げた話です。元は「太陽の復活」を祈った西洋土着の行事でした。中国や日本にも同じ物があり日本では冬至にお米をはじめとする農作物に感謝する宗教祭儀がありました。

http://edq40134.digi2.jp/data/2005/kyouto-%202005.htm
冬至も夏至も、太陽はおよそ3日間動きが止まります(南中高度)
冬の太陽高度が一番低い3日間の後の高度上昇を、"死の三日間の後の再生"として人々は古代からもてはやし、神話を作ったそうです。太陽神オシリス、ホルス、ミトラらも伝承によっては死の3日後に復活(冥府から帰還)したとされます。

要するにキリストの復活は盗用にすぎない可能性がありますね。
実際キリストは「三日の後」に復活してはおらず埋葬されていた時間は最短で40時間程度です。("三日目の復活"が正確な表現)
 
人が蘇生・復活するなどはやはり迷信に違いないと思います。
以前も同じことを書いていたら申し訳ありません。こんな作り話から世界中を陶酔と独善性の集団が20世紀まで踏み荒らした集団催眠(カルト)の歴史を考えると気分が悪いです。差別・迷信に熱狂し人類が残虐に虐げられる事のどこが救いなのか、と言いたい。
 
マルコによる福音書 9:31
『それは弟子たちに、「人の子は、人々の手に引き渡され、殺される。殺されて三日の後に復活する」と言っておられたからである』
2014-12-17 水 06:26:33 | URL | 秀和 [編集]
どうして聖書に書いていなければいけないんでしょうか?一番日の短い日にも希望はあるっていけないことなんでしょうか?それぞれの地でそれぞれのやり方で精一杯お祝いすることはいけないんでしょうか?どうしてそんなに不満なんでしょうか?
2014-12-27 土 20:26:20 | URL | あい [編集]
今年もお疲れ様でした。
桃栗さん、年末年始のお休みは取れましたか?

時にはプチトリップでも楽しんでリフレッシュしてください。という僕自身も、この数年間、京都大阪から一歩も踏み出していないのですけれど(笑。

ここ数年の希望は、生まれ故郷の台湾へ行って、おさななじみの皆さんと会って一杯飲みたい、ということです。二〜三日もあれば十分満たされる希望なのですが、しかも運賃も信じられないぐらい安くなってきているのですが、なかなか実行できないものです。必要にせまられていないからでしょうか。

桃栗さんはどこへ行ってみたいですか、行ってみたいところへ行く計画を妄想するだけでも楽しいものですよ(笑。

良いお年を。くる年もどうぞよろしくお願いいたします。
2014-12-29 月 21:24:06 | URL | クッキングホイル [編集]
Re: 異教に由来
> 「クリスマスはキリストの誕生日」
> というのは、やはり後世のキリスト教教会が作り上げた話です。元は「太陽の復活」を祈った西洋土着の行事でした。中国や日本にも同じ物があり日本では冬至にお米をはじめとする農作物に感謝する宗教祭儀がありました。
>
> http://edq40134.digi2.jp/data/2005/kyouto-%202005.htm
> 冬至も夏至も、太陽はおよそ3日間動きが止まります(南中高度)
> 冬の太陽高度が一番低い3日間の後の高度上昇を、"死の三日間の後の再生"として人々は古代からもてはやし、神話を作ったそうです。太陽神オシリス、ホルス、ミトラらも伝承によっては死の3日後に復活(冥府から帰還)したとされます。

よくよく考えてみれば、人間というものは国や民族が違っても、
やはり太陽や季節の変わり目を基準に生きているんですよね。
ヨーロッパ人が年末に玄関にリースを飾るのも、
日本人が年末年始に玄関にしめ縄を飾るのも、
偶然の一致ではないような気がします。
日長が短くなると、気温も下がりますし気分も暗くなります。
それが、冬至を境目に日長が長くなるのですから、
それを喜ぶのは人類共通の習性でしょう。


> 要するにキリストの復活は盗用にすぎない可能性がありますね。
> 実際キリストは「三日の後」に復活してはおらず埋葬されていた時間は最短で40時間程度です。("三日目の復活"が正確な表現)
>  
> 人が蘇生・復活するなどはやはり迷信に違いないと思います。

もちろんその通り。
イエスが蘇ったなどというのは作り話に過ぎません。
もしも本当に蘇ったのなら、ポンテオ・ピラトを始め、
自分を裁いた人々の前に姿を現すはずです。
なのに、聖書によれば、復活したイエスが現れたのは、
不思議なことに自分の弟子と信者の前だけなのです。
否定派の人々の前には姿を現していないのです。
それなのにイエスの復活を信じるのはまったく滑稽と言うほかにありません。
オウム真理教の信者が「尊師が空中浮遊するのを見た」と言うのと同じぐらい
説得力がない話です。

> 以前も同じことを書いていたら申し訳ありません。こんな作り話から世界中を陶酔と独善性の集団が20世紀まで踏み荒らした集団催眠(カルト)の歴史を考えると気分が悪いです。差別・迷信に熱狂し人類が残虐に虐げられる事のどこが救いなのか、と言いたい。

まったくその通り。
キリスト教ほど人を迫害した宗教はありません。
世界を植民地支配をしたのはほかでもなくキリスト教文化圏の白人たちです。
なお、韓国人は日韓併合のことを、
「日本に植民地にされた」と被害者ぶってほざいていますが、
日本ほど韓国の発展に貢献した国はありません。
「100年前 韓国 画像」などのキーワードで検索してみてください。
あんな原始時代みたいな朝鮮を近代化させたのは、
ほかでもなく日本です。
2015-01-04 日 20:14:44 | URL | 桃栗 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-01-07 水 04:55:05 | | [編集]
やっぱり一神教
人類共通だから一神教でいいのでは?大乗仏教はキリスト教の影響を受けているそうですし。根っこの部分は一緒では?無宗教の人だって世界共通の理性があるし。やっぱり一神教(笑)
2015-01-10 土 21:18:50 | URL | 憎寧夢 [編集]
何が問題?
イスラエルにだって山や海岸沿いには森がありますよ(笑)クリスマスツリーは宗教改革のルターが始めたというふうになってますが(謎)遠い北国からサンタクロースが来たっていいし。トナカイじゃないけど旧約にはシカが出てくるし。サンタクロースは聖ニコライがもとらしいし。ユダヤ教でもキリスト教でも伝説伝承のようなのが山ほどあって聖書は氷山の一角。それが宗教なんじゃないでしょうか?
2015-01-10 土 22:31:47 | URL | 憎寧夢 [編集]
Re: タイトルなし
> どうして聖書に書いていなければいけないんでしょうか?

聖書の記述通りに信仰しなくても良いということですね?
それならエホバの証人やモルモン教や統一教会の信仰も認めてあげましょうよ。


> 一番日の短い日にも希望はあるっていけないことなんでしょうか?

私はそんなこと言っていませんよ。
本文をよくお読みください。
勝手にストーリーを作るのはやめてください。

> それぞれの地でそれぞれのやり方で精一杯お祝いすることはいけないんでしょうか?

では、日本の教会では七夕の笹を飾って玄関にはしめ縄や門松を飾って、
お団子やおはぎをお供えしてお線香をたいて手には数珠を持って
精いっぱいイエス様の誕生を祝えばいいのですね?

> どうしてそんなに不満なんでしょうか?

いつ私が不満だと言いました?
2015-01-11 日 23:01:33 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 今年もお疲れ様でした。
> 桃栗さん、年末年始のお休みは取れましたか?
>
> 時にはプチトリップでも楽しんでリフレッシュしてください。という僕自身も、この数年間、京都大阪から一歩も踏み出していないのですけれど(笑。
>
> ここ数年の希望は、生まれ故郷の台湾へ行って、おさななじみの皆さんと会って一杯飲みたい、ということです。二〜三日もあれば十分満たされる希望なのですが、しかも運賃も信じられないぐらい安くなってきているのですが、なかなか実行できないものです。必要にせまられていないからでしょうか。
>
> 桃栗さんはどこへ行ってみたいですか、行ってみたいところへ行く計画を妄想するだけでも楽しいものですよ(笑。
>
> 良いお年を。くる年もどうぞよろしくお願いいたします。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
年末年始はリフレッシュしましたが、
年明け早々、現実の生活に引き戻されてしまって
忙しい日々を過ごしています。
むしろ今年は去年よりも忙しくなりそうな勢いです。
ブログという、気持ちのはけ口があるのが私にとって「救い」ですね。

そう言えば、最近、私の中で嫌韓感情が高まってきましたが、
その一方で台湾に興味を持つようになってきました。
いつか行ってみたいですね。
2015-01-11 日 23:08:54 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 何が問題?
> イスラエルにだって山や海岸沿いには森がありますよ(笑)

ではそこにモミの木が生えているのですか?

> クリスマスツリーは宗教改革のルターが始めたというふうになってますが(謎)遠い北国からサンタクロースが来たっていいし。トナカイじゃないけど旧約にはシカが出てくるし。サンタクロースは聖ニコライがもとらしいし。ユダヤ教でもキリスト教でも伝説伝承のようなのが山ほどあって聖書は氷山の一角。それが宗教なんじゃないでしょうか?

ええ、だからそれを言いたくてその次の記事を書いたのです。
宗教は様々な文化の影響を受けるものです。
それが、キリスト教は一神教なのに、
他宗教の影響を受けているのが滑稽だと言っているのです。
日本人の宗教観はいい加減だと言う人がいますが、
欧米人の宗教観だっていい加減です。
他宗教の都合の良い部分を取り入れていますから。
2015-01-18 日 21:49:58 | URL | 桃栗 [編集]
胸熱な展開
上の書き込みで別の方も書かれていましたが、
クリスマスはキリストじゃなくて太陽神の崇拝ですね。

ミトラ教の風習を残しつつ、ローマをもっと楽に管理したかった
コンスタンティヌス1世が12月25日って日付を325年のニカイア公会議で
正式化して当時の教会を懐柔して行ったのかなあと。

普通に考えれば、ローマ帝国の皇帝になるくらい頭の良い人が
キリスト教の矛盾に気がつかないわけがないですもんね。

ディオニュソス、ゼウス、ミトラ、バアル、ホルスとか色々いますが、
遡るとバビロンの王子ニムロドにたどり着く様で。旧約にも出てきますね。
ニムロドって最初に太陽神と同一視された人なんだとか。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-291.html
https://www.youtube.com/watch?v=J_iGZOpwqC8

ハロウィンも同様で太陽神の信奉者達が確信犯的に広めてる?
という胸熱な展開です。知った所で何かがどう変わるものでもないですが。
2016-10-29 土 00:55:32 | URL | kusozaru [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。