■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
教会のクリスマスの楽しみ方は世間と同じ
聖書には、イエス・キリストの誕生日の日付はまったく記されていません。
イエスの誕生日が12月25日とされたのはミトラ教という他宗教に由来します。
にもかからわず、教会ではクリスマスの日はイエス様が「お生まれになった日」、
つまりクリスマス=イエスの誕生日と教えています。
と、書くと、決まってクリスチャンからこういう反論があります。
「違う、クリスマスはイエス様の誕生日ではなく、誕生を”お祝いする日”だ。」
しかし、私の知る限り、教会ではクリスマス=イエスの誕生日と教えています。

それはさておき、教会では、
世間の人がクリスマスの意味も知らないで
パーティなどを楽しんでいることをよく批判していました。
が、教会のクリスマス礼拝も世間のクリスマスパーティーと大差ありません。


私が知る限り、教会のクリスマス礼拝は前半と後半に分かれます。
前半が礼拝、後半が「パーティー」のお時間です。

クリスマス礼拝はクリスマスの夜に行われます。
そして、照明を消し、キャンドルの光だけで礼拝は行われます。
まあ、要するにロマンチックな雰囲気を演出しているわけですね。
もちろん礼拝堂にはクリスマスツリー、玄関にはクリスマスリースが飾られます。

前半の礼拝が終わったら照明をつけ、待ちに待ったパーティーが始まります。
出席者たちはクリスマスケーキを食べ、プレゼントを交換し、
そして歌や楽器演奏の披露もあります。
まあ、「かくし芸大会」みたいなものです。
これって、世間のクリスマスパーティーと大差ないでしょう?

クリスマスツリーやリースを飾り、ケーキを食べてプレゼント交換する。
一体、イエスの言葉のどこをどう解釈したらそんな習慣が生まれるのでしょう?
そもそもクリスマスツリーは北欧の神話に由来するわけですから、
キリスト教は他宗教の習慣を取り入れていことになります。
クリスマスリースも同様です。
その由来は魔除けや豊作祈願だったという説がありますが、
いずれにしても、本来クリスチャンには不要のはずです。
魔除けや豊作祈願をしたいなら、直接神に祈ればいいのですから。
なのに、リースという「偶像」に頼らなければならない。
「本場ヨーロッパ」のクリスチャンの信仰なんてその程度のものです。
日本人が七夕に笹を飾ったり、お正月にしめ縄飾りをするのと大差ありません。

さて、話を元に戻しましょう。
教会が、意味も知らずにクリスマスパーティーをしている世間の人たちを非難するのに、
その教会が世間と同じパーティーをやっている理由は何だと思いますか?
ズバリ、楽しいパーティーをしないと教会に人が集まらないからです。
「うちの教会は、聖書に記述のないお祝いはしません」なんて教会があったら、
人が集まりませんよね。
教会にとって人が集まらないことは、献金が集まらないことを意味します。

クリスチャンはクリスマスなどという聖書に記述のない習慣はしっかり守るのに、
割礼(ルカ1:59、2:21、ヨハネ7:22-23)や過ぎ越しの祭り(ルカ2:41)など、
聖書に記述のある習慣は、誰一人として守ろうと提唱する人は見たことがありません。
不思議なものです。
結局、クリスチャンにとって聖書の記述などはどうでもよく、
世間一般の人と同じように楽しい思いをしたいわけです。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスマスの疑問 | 22:20:34 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
あくまで「誕生」を祝うというだけの日なら、どうしてクリスマスの8日後に
イエスの割礼を祝うんでしょうね……
2012-12-25 火 09:24:41 | URL | ごおや [編集]
Re: タイトルなし
> あくまで「誕生」を祝うというだけの日なら、どうしてクリスマスの8日後に
> イエスの割礼を祝うんでしょうね……

私はイエスの割礼を祝う教会は知りません。
それ以前に、イエスが割礼を受けたこと意識しているクリスチャンが
果たしてどれだけいるのでしょうか。
2012-12-31 月 21:48:47 | URL | 桃栗 [編集]
あけましておめでとうございます
主の割礼祭
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E3%81%AE%E5%89%B2%E7%A4%BC%E7%A5%AD
正教会以外では「命名の日」と呼ばれるようですね。
2013-01-02 水 09:53:35 | URL | ごおや [編集]
新幹線男。
勿論クリスマスは楽しいですよ。
2013-01-02 水 11:21:57 | URL | 電車男。 [編集]
Re: あけましておめでとうございます
> 主の割礼祭
> ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E3%81%AE%E5%89%B2%E7%A4%BC%E7%A5%AD
> 正教会以外では「命名の日」と呼ばれるようですね。

私はクリスチャン時代に教会で主の割礼祭が祝われたことが一度もありません。
というか、そんなお祭りがあったなんて知りませんでした。
しかし、クリスマスにせよ割礼祭にせよイースターにせよ、
いずれも聖書には記述のないことです。
聖書に記述のない習慣は守るのに、
聖書に記述のある「過ぎ越しの祭り」の習慣を守らないのは不思議ですね。
ヨセフ一家は毎年そのお祭りに参加するほど重要なものだったのに、
なぜか今のキリスト教では無視されています。
クッキングホイルさんはご自身のブログで
「クリスチャンは聖書に書いてあることを信じないのに、
聖書に書いていないことを信じるおかしな人たち」と発言していましたが、
私もそう思います。
2013-01-14 月 20:13:31 | URL | 桃栗 [編集]
クリスマスは偶像崇拝
昨日は三重県のキリスト教の集会(ブラジル人の集会多分プロテスタントの福音主義派)にいってクリスマスはどうして12月25日なんですか?と聞いたらカトリックの誰かが決めたといってました。その話題はやめとこうみたいな雰囲気だったのでそれ以上は聞きませんでしたが、楽しいイベントなんだから細かいこと言うなよみたいな感じでした。日本の宗教的な行事は全否定なのにね〜都合の悪い話は聞かない、聞いても右から左へスルーするなーって思いましたね
2017-06-17 土 12:28:12 | URL | 猫好き [編集]
Re: クリスマスは偶像崇拝
> 昨日は三重県のキリスト教の集会(ブラジル人の集会多分プロテスタントの福音主義派)にいってクリスマスはどうして12月25日なんですか?と聞いたらカトリックの誰かが決めたといってました。その話題はやめとこうみたいな雰囲気だったのでそれ以上は聞きませんでしたが、楽しいイベントなんだから細かいこと言うなよみたいな感じでした。日本の宗教的な行事は全否定なのにね〜都合の悪い話は聞かない、聞いても右から左へスルーするなーって思いましたね

私にも同じような体験があります。
ある教会のホームページの掲示板に、
なぜクリスマスが12月25日になったのかを質問したら、
しばらく経ってその教会の牧師さんが答えてくれましたが、
あまりその話には触れたがらないような口調で、
挙句の果てには削除されました。
その顛末は過去に記事に書いています。
http://exchristian.blog80.fc2.com/blog-entry-83.html
イエスの誕生日が他宗教に由来するというのは、
キリスト教によってよっぽど触れられたくないことなのでしょう。

すると、クリスチャンは意固地になってこう反論してくるでしょう。
「イエスが生まれた日が重要なのではない。
イエスが生まれたという事実が重要なんだ。」

それなら、夏でも秋でももっと気候の良い時期にクリスマスをやればいいのに、
なぜミトラ教の祝日にわざわざイエスの誕生を祝うのでしょうね。
クリスマスツリーやクリスマスリースは北欧神話が由来です。
日本の七夕の笹や年末年始のしめ縄と何ら変わりません。
日本の教会の元日礼拝も日本のお正月に由来しますしね。
一神教であり、他の宗教を否定しているはずのキリスト教が、
他宗教の影響を受けていることがまったく滑稽でなりません。
2017-07-18 火 21:48:27 | URL | 桃栗 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad