■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
フランクリン・グラハムが震災に便乗して伝道活動
何度かこのブログでアメリカの伝道師フランクリン・グラハムを取り上げたことがありますが、
そのグラハムが例の震災に便乗して東北で伝道活動したそうです。
クリスチャン・トゥデイの記事を全文引用し、
私の考えを書かせていただきます。
(赤字の部分が引用箇所です)


東北に希望を フランクリン・グラハム氏が講演

 東日本大震災から1年が経とうとするいま、希望のメッセージを通して東北を支援したいと、地元の90以上の教会が中心となって2日、「東北・希望の祭典」が宮城県利府町のグランディ21で開かれた。カーク・フランクリンやアルフィー・サイラスなど国内外の著名ゴスペル・アーティストが出演し、被災地で現在も支援活動を続ける米国の救援援助団体サマリタンズ・パースの総裁で福音伝道者のフランクリン・グラハム氏が講演した。

 サマリタンズ・パースは震災直後の3月14日、仙台市泉区にオフィスと物資用倉庫を設置。同19日には、直ちに94トンの支援物資を米国ノースカロライナから輸送した。グラハム氏は4月1日に被災地を慰問し、物資や30台もの電動自転車などを被災者に手渡した。サマリタンズ・パースはその後、岩手県の住田町、宮城県の東和町、七ヶ浜町、気仙沼市にそれぞれベースキャンプを設置し、これまでに400軒以上の家屋を修繕、1万8000世帯に支援物資を配布してきた。

 同じくグラハム氏が総裁を務めるビリーグラハム伝道協会は、震災翌月の4月から被災者に寄り添うカウンセラーの養成セミナーや牧師を対象にしたリトリートを日本で数回にわたって開催。災害時に被災者に起こる苦しみや悲しみなどへの聖書的な対応についてボランティアらを指導してきた。また9月からは、著名ゴスペル・アーティストによる被災地慰問ツアーを数回にわたって開催し、1000人以上の被災者に歌を通して希望を届けた。

 この日会場に集まった約2000人の聴衆を前にグラハム氏は、人間の罪の深刻さを説き、神の独り子であるイエス・キリストこそが人を罪の束縛から解放し、真の自由を与える唯一の道だと強調した。グラハム氏は、「神は日本を愛しておられる」と強調し、「イエス・キリストは天からあなたを救うために来られた」と信仰の決心を促した。

 グラハム氏の招きに応答し、この日新しく信仰をもった人々が会場の前に進み出て、信仰の決心を表明した。その中には、震災後の支援活動を通してクリスチャンと知り合った被災者の姿もあった。

 大会は4日まで3日間の日程で行われ、連日午後3時半からメイン集会が始まる。3日は午後2時からカーク・フランクリンとアルフィー・サイラスが指導するゴスペルワークショップ、4日は午後1時45分から若者のためのプログラムがそれぞれ用意されている。会場はいずれも宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40−1のグランディ21・セキスイハイムスーパーアリーナ。入場無料。


引用終わり。

キリスト教団体がこのような大々的な支援をするのは、
「見返り」を期待ているからという理由にほかなりません。
その見返りとは、そう、「信者獲得」です。
何の見返りも期待しないでこんな大々的支援をするはずがありません。
要するに、震災に遭った人の弱みに付け込んでいるのです。
人々が災害に遭った時こそが伝道のチャンスと思っているのでしょう。

そして、フランクリン・グラハム氏。
私が2年前の大阪大会を観に行った時もそうでしたが、
やはり私たち人間が皆罪びとであるという意識を植え付け、
その上でキリストの救いを説くという、
キリスト教特有の典型的な恩着せがましい説教。

以前このブログで何例か取り上げましたが、
震災が起こったのは天罰だとのたまうクリスチャンが少なからずいました。
当然、フランクリン・グラハム氏も本音では同じことを思っているはずです。
Wikipediaによると、こんなカルト的な発言を残しています。

2011年3月11日に起きた東日本大震災についてフランクリン・グラハムは、保守系テレビ局Newsmaxの電話取材に対して、日本での地震と津波はキリストの再臨とアルマゲドンの予兆かもしれないと述べた。

やはりこの人も震災は天罰だと思っているのです。
しかし、そんなことを被災者の前で言ってしまえば信者が集まりません。
だから、「原罪」や「キリストの救い」を説いてごまかしているのです。
そして、「神は日本を愛しておられる」と強調したそうですが、
これも東北の被災者の共感を得るためのきれいごとです。
神が日本を愛しているのに震災が起こるのはおかしいでしょ?
そういえば、ローマ法王もまったく同じようなことを言っていましたよね。
結局、世界最高?のクリスチャンたちでさえこの程度のことしか言えません。
「神は愛しておられる」と言っておけば日本人が納得するとでも思っているのです。
それどころか、「神の愛が理解できない方がおかしい」と思っているのがクリスチャンです。

さて、その支援をしたサマリタン・パースの「サマリタン」という言葉は、
クリスチャンならだれでもご存じの「良きサマリア人」です。
サマリタン・パースとは、「(良き)サマリア人の財布」という意味です。
そして、Wikipediaによれば、その創始者が死去した後、
フランクリン・グラハム氏が引き継いだとのことです。

サマリタン・パースの皆さん、そしてフランクリン・グラハムさん、
そんなに大きな財力や行動力をお持ちでしたら、
広島や長崎の原爆の後遺症に今もなお苦しんでいる方々や、
ベトナムの枯葉剤の被害者たちを支援してあげたらどうですか?
少なくとも、原爆投下の日に広島や長崎で行われる平和の式典に出席したらどうですか?
しかし、そんなことはアメリカを代表する伝道師にはできないでしょう。
なぜなら、そんなことをしてしまえばアメリカが非を認めたことになるからです(笑)。
実際、原爆を投下した飛行機のパイロットの息子が、
「式典に出席するとアメリカが負けを認めたことになる」
と発言した音声をテレビで放送されたのを見たことがあります。
確かアメリカ大使が広島の式典に初出席することが決まった頃だったと記憶しています。
そういうわけで、そんな式典にグラハム氏が出席する確率は間違いなくゼロです(笑)。

一方、政治的には関係のない震災は、
伝道をするのにはうってつけの場なのでしょうね(笑)。

なお、フランクリン・グラハムについては2010年の秋に取り上げ、
その関西大会に私が行った記事がありますので、
まだ読んでいない方は読んでみてください。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

キリスト教の事件簿 | 22:56:20 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
地球は生き物
地球は生きています。大地は動く物です。地震が天罰、とかアタシには解りません。日本で大地震が起きた。我が国は地震大国。火山大国でもあります。これらが起きなければ、地球は死んでいる事になります。「死の星」の気候はどんなものでしょうね。
2012-11-09 金 08:11:29 | URL | 不破不破 [編集]
初めまして
こんばんは。

 クッキングホイルさんのブログにコメントしている者ですが、こちらには初めて書込みさせて頂きます。実は貴女のブログは以前から見ており、キリスト教のことでとても参考になるサイトだと感心させられました。

 私は一宮城県民です。幸いなことに3.11大震災で私の家族や家屋、親戚、殆どの友人は無事でした。行方不明になった知人が1人いますが、被災者でなかっただけで幸運でした。グラハムのことなら私も今年3月の記事「震災を利用する者たち」で取り上げています。
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/c546df8cba22d5db42c6e27be118b4eb

 私は小学三年生の頃、校門の前に陣取っていた白人宣教師に「キリストを信じない者は地獄に落ちるからね」と脅されたことがあります。それが私の耶蘇嫌いの原点でした。私はクリスチャンホームで育ったのではないため、自由な子供時代だったと思います。いちおう仏教徒の両親は宗教に無関心でしたから。
2012-11-13 火 22:01:02 | URL | mugi [編集]
Re: 地球は生き物
> 地球は生きています。大地は動く物です。地震が天罰、とかアタシには解りません。日本で大地震が起きた。我が国は地震大国。火山大国でもあります。これらが起きなければ、地球は死んでいる事になります。「死の星」の気候はどんなものでしょうね。

震災が起こったのは日本人の不信仰だと言ったクリスチャンは、
祈りによって地球の動きが変えられるとでも思っているのでしょうか。
そんなことができたら人類はみんな神を信じていますよ(笑)。
2012-11-14 水 22:35:36 | URL | 桃栗 [編集]
桃栗さま、はじめまして!
桃栗さまはどのような方にでも丁寧に回答されるのでいつも感心しております。

私は思うのですが、フランクリン・グラハム氏という方はキリストや神のことを説かれるのはひとまず良いとして、もうちょっと自分というものを押し殺して伝道すべきではないのかなと思います。重要であるはずのキリストや神よりも前に自分が出過ぎてしまっているように思えます。

私はこれまたいつも思うのですが、良心からされているのであれば

>400軒以上の家屋を修繕、1万8000世帯に支援物資

などと書かなくていいのではと思います。いちいち数えているのでしょうか。集まったお金の遣い道を記録するのは必要かもしれません。でも、良心からしているのであればそんなこと表だって新聞に書かなくて良いのではと思います。滑稽で露骨な宗教なのね、と思ってしまいます。

世の中、良い人もいらっしゃいますので私は過ごしていて楽しいですよ。そういう方々は表だっていらっしゃらないから見つけにくいですけれども・・・。

桃栗さまは体調を崩される日が多いとのことで心配しております。
今からだんだん寒くなりますので、どうかご自愛下さいませ。

長文失礼致しました。
2012-11-15 木 16:13:47 | URL | てふ [編集]
Re: 初めまして
>  私は一宮城県民です。幸いなことに3.11大震災で私の家族や家屋、親戚、殆どの友人は無事でした。行方不明になった知人が1人いますが、被災者でなかっただけで幸運でした。グラハムのことなら私も今年3月の記事「震災を利用する者たち」で取り上げています。
> http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/c546df8cba22d5db42c6e27be118b4eb

ご訪問ありがとうございます。
クッキングホイルさんおブログでmugiさんのお名前は拝見していましたが、
mugiさんのブログは一度も見たことがありませんでした。
しかし、その「震災を利用する者たち」の記事を読むと、
私と考え方が一致する部分が多いことに驚きました。


>昔から「タダくらい怖いものはない」というではないか。
>「見返り」 を求めない支援などあるのだろうか。


まさにこれは同感。
結局、あの手の伝道は震災に遭った人の弱みに付け込んでいるのです。
被災地に行って聖書を配るとはなんとおマヌケなのでしょう。
お金や食料や住宅よりも聖書が大事だと思っているアッパレな人たちですね。
そういう人たちは、何も食べないで聖書だけで生きて見せればいいのです。


>  私は小学三年生の頃、校門の前に陣取っていた白人宣教師に「キリストを信じない者は地獄に落ちるからね」と脅されたことがあります。それが私の耶蘇嫌いの原点でした

私は、この教えを小さい頃から教会で聞かされてきたがために、
ずっと死後の恐怖を背負いながら生きる羽目となってしまいました。
キリスト教とは、信者に死後への恐怖心を植え付け、教会につなぎとめる宗教なのです。
教会側は、「そんな風に教えたつもりはない」と言ってもムダです。
雰囲気や言葉遣いだけはきれいですが、
結局は死後への恐怖心を植え付けて献金や懺悔をさせるようにできているのです。
2012-11-24 土 09:59:02 | URL | 桃栗 [編集]
Re: 桃栗さま、はじめまして!
> 桃栗さまはどのような方にでも丁寧に回答されるのでいつも感心しております。

こちらこそ初めまして。

> 私は思うのですが、フランクリン・グラハム氏という方はキリストや神のことを説かれるのはひとまず良いとして、もうちょっと自分というものを押し殺して伝道すべきではないのかなと思います。重要であるはずのキリストや神よりも前に自分が出過ぎてしまっているように思えます。

大々的に自分たちのことを宣伝するためには、
カリスマ性のある人物が必要なのはキリスト教に限らずどこの世界も同じですね。
しかし、もしも本当に神やキリストが存在するなら、
そのような伝道師がいなくても直接人の心に神の声が届くはずです。


> 私はこれまたいつも思うのですが、良心からされているのであれば
>
> >400軒以上の家屋を修繕、1万8000世帯に支援物資
>
> などと書かなくていいのではと思います。いちいち数えているのでしょうか。集まったお金の遣い道を記録するのは必要かもしれません。でも、良心からしているのであればそんなこと表だって新聞に書かなくて良いのではと思います。滑稽で露骨な宗教なのね、と思ってしまいます。

マタイによる福音書6章で、イエスはこのように言っています。

「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。
(略)
祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。」


要するに、人に見せびらかすために善行をするものではない、
人に見せびらかすために祈るものではない、
ということをイエスは言っているのです。
そうなると、おおっぴらに支援活動をしたり集会を開いたりするのは、
イエスのの教えに反することになります。
しかし、クリスチャンは聖書の中の都合の悪い言葉は無視するのがお約束です。

ところで、グラハム氏はエコノミークラスで来日したのでしょうか?
まさかリッチにファーストクラスで来日したのではないかと勘ぐっています(笑)。
2012-11-25 日 23:07:09 | URL | 桃栗 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-05-15 木 15:53:10 | | [編集]
キリスト教は悪人にとっちゃー、都合のいい宗教だぜ。
キレイ事で作られた書でお人よしは集まるし
どんだけ悪行働いても懺悔して神に祈ってりゃ
すべてが許されるだぜ、猿の反省みたいにな。
マフィア、大手大企業、議員トップ、キリスト教信者や。
人間すべては平等に闇を抱いて生きてる世間や、
今も昔も変わらねぇ。
信仰してるって言やあ、罪を申告すりゃ
神から許しが貰えるんや。
誰の口からでもいいから許しの言葉が聞ける。
これ人間の心理ついてるだろ。
そーやって裏社会は世界全部が動いとる。
世界規模の労働組合がバックに付いてるからなぁ。
2017-04-23 日 09:02:48 | URL | 盆暗庫子 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad