■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「「震災は天罰」と、のたまうクリスチャンたち その3」のその後
今年の5月に、震災は天罰だと書いている某クリスチャンのHPを取り上げたことがあります。
こちらです。)
要約すれば、震災が起こったのは日本人の不信仰が原因であり、
外国には彼らを守ってくれる神がついているとのこと。
そしていつも通り、神に祈らない日本人を非難しています。

では、震災の原因が神を信じないことにあるなら、
クリスチャンが多い国や地域でもなぜ災害が起こるのでしょう?
ニュージーランドのクライストチャーチ(直訳するとキリスト教会)の地震、
クリスチャンが国民の95%(Wikipediaより)のハイチでの地震、
そしてノアの箱舟が漂着し、パウロが伝道旅行をしたトルコでの地震。
「彼らを守ってくれるはずの」神様は何をしていたのでしょう?
一般社会ではそのような疑問が出てきて当然です。
そこで、北白川氏に直接メールで質問してみました。


メールが長いのですべては引用できませんが、
私がブログに書いたのと同じ内容の後に、次のように書きました。

そこで質問ですが、
なぜ信仰の篤い地域や聖書にゆかりのある国で災害が起こったのでしょうか?
貴方様はエッセイの中に
「彼らには守ってくれる神がついている」と書いていらっしゃいますが、
では、これらの災害が起こったときに、
「彼らを守ってくれる神」はどこで何をしていたのでしょうか?

クリスチャンの主張を聞いていると、
どうしてもそういう壁にぶち当たってしまいます。
その辺のところについてどのようにお考えでしょうか?
できればエッセイとして発表していただけないでしょうか?
宜しくお願いします。


これに対して次のような返事が来ました(抜粋)。

残念ながら日本のキリスト教界は、言葉を明確に語ることを怠り続けてきたと感じています。
その表れがいまだに1パーセントの壁を乗り越えられない原因ではないかと考えています。
キリスト教界は、先の大震災に何を見るのか、そしてどのような価値観を社会に明らかにしていくのか・・・・。
キリスト教は聖書という明確な価値基準を持っているはずなのですが、
つまり、人々の知らない事柄について、それが福音といわれるものです。この日本で福音を明らかにしていくことが、
日本の教会の役目であるはずなのですが。
もっともっとキリスト教界から言論が、新しい言葉が出てこなければならないと見ています。
それが、私がネットで小論を公開し始めた理由なのです。


やはりというか、いつもエッセイに書いているような返事が返ってきました。
くどいようですが、私からの問いかけは
「災害が起こったときに彼らを守ってくれるはずの神は何をしていたのか」です。
ところが、この方からの返事は一見長くて丁寧な回答に見えますが、
結局は肝心な部分にはまったく触れていないのです。
こういうクリスチャン独特の思考回路が不思議に思えます。

その後、エッセイは更新されましたが、やはり私の質問にはまったく答えていません。
(見えないものをわきまえ知ること)
また、いつもながら、日本語で書かれているのに、
日本語であって日本語になっていないような、
つかみ所がなくのらりくらりとした文章です。
この方は日本人が神を信じないことをしきりに批判していますが、
神を広く信じてもらいたいなら誰もが納得する答えを出して欲しいものです。

そういえば、「神の代理人」であるローマ法王がこう言っていましたね。
「なぜ震災が起こったのか答えは見つからない、しかし神はあなたのそばにいる」
しかし、「そばにいるはずの神」が何をしていたかは明言していません。
神の代理人でさえ答えが分からないのですから、
普通のクリスチャンが答えられないのも当然です。

もう、素直に「神はそばで見ていただけ」と言ったらどうですか?
実際そうですからね。
しかし、そんなことを言うとキリスト教に入信する人が減りますよね。
それは困る、しかし、答えられない、どうしよう。
そこで、クリスチャンはもっともらしく美辞麗句を並べて、
話の核心をぼやかして答えをごまかしているのです。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

キリスト教の事件簿 | 22:49:09 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-15 火 22:09:11 | | [編集]
Re: 一神教は日本人には合わない
> 日本人のキリスト教徒が人口1%を越えられないどころか減少傾向にあるのはやはり日本人にはキリスト教の教義が合わないからだと思われます。

西洋でもキリスト教離れが進んでいるそうですから、
もう時代に合わなくなったのでしょうね。


> 室町時代、ポルトガルから宣教師がやって来て、ある大名に『全知全能の神』を説いたら、『そんな凄い神がなんで今頃日本に来るんだ?そんな凄い神ならとっくに来ているはずだ』と答えたそうです。

かのザビエルも同じような質問をされて答えられなかったそうですね。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=164843
「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本にこなかったのか」
「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、今、どこでどうしているのか」
一般社会ではこういう疑問が出てきて当然です。
ローマ法王に聞いたって答えられないでしょう。


> また、韓国出身の呉善花さん(現在は日本に帰化)は韓国にいた頃はキリスト教徒だったそうですが、日本の風土の中で暮らしているうちに『全知全能の神』に違和感を感じるようになって、信者をやめてしまったそうです。

呉善花さんのことは初めて知りました。
日本に帰化したがために母国では「売国奴」と呼ばれ、
母の葬儀で帰国したら入国拒否されたそうですね。
これがクリスチャン人口25パーセントの韓国のすることなのですね。
私は韓国のキリスト教に違和感を覚えます。
ただ、個人的には韓国そのものには中国よりもずっと親近感を持っていますし、
日本で会う韓国人にも好印象を持っています。
しかし、そういう反日感情に関するニュースが後を絶たないため、
韓国という国の実態がよく見えてきませんね。
いわゆる「近くて遠い国」ですね。
2011-11-16 水 21:08:46 | URL | 桃栗 [編集]
キリスト教
非常に興味深いです。
とりあえず、日本にキリスト教が広まらない原因はクリスチャンと呼ばれる人達のせい、というのは否定できないでしょう。
人間が聖書から逸脱して、様々な教義や価値観を作り出してしまうからでしょう。
また、クリスチャン自らが神という存在を小さくしてしまうからでしょう。
特に日本人は、教育上、今までの経験と知識と小さな脳を使って神をとらようとします。

いずれにせよ、聖書しかこの世では神に関する手がかりがなく、それで判断するしかなさそうです。
しかし、所詮文字である以上、またうちらの小さい脳で吟味するのであれば、自ずと矛盾や葛藤を覚えるはずです。

全ての疑問や矛盾を解決し、神に反抗する理由が解消されるまで追求し、十戒や掟を守り、罪を犯さないようにすれば救われるなどと聖書は書いてません。
結局はイエスを愛せるか、愛せないか、それだけだと思います。
二択しかうちらは与えられてないと思います。
これに対して全人類が答える義務があると思います。
もし人間がデザイナーによって作られたゴミであり、
そのゴミをデザイナーが愛していて、
そのデザイナー自らがゴミのためにゴミと同じ死を味わって、
それを信じる信仰によってゴミが生きる人生をデザイナーが望んでいるのなら。

それをYesならYes。NoならNo。でいいと思います。
神はそれを強制はしてないのですから。

災害や病気や争いに関してはうちらにわかるはずもありません。
もしかしたら、死の直前でどの人々にもイエスが現われて「私を信じるか。」なんて言うかもしれないのだし。
ゴミがゴミのことで一つ一つデザイナーに文句を言うより、
デザイナーがゴミのためにしてあげたことが大きすぎる、というのを感じれるかどうか、どういうところに信仰の真髄があるのではないでしょうか。
失礼いたしました。










問題は、聖書がなんと言っているかです。実際に聖書を読むと、天国に行ける確実な道は記してあるものの、地獄という場所にどのような人間が行くのかは明確には書かれていません。
誰が地獄に行くかは人間にはわからないのです。
よって確実な方法を人々に知らせることがクリスチャンの使命ではあるのでしょう。
キリスト教というものは人間が勝手に作った宗教であり、人間の言うことは当てになりません。クリスチャンという人達で判断するのではなく、聖書で判断するべきだと思います。












2011-12-01 木 18:01:54 | URL | マーマー [編集]
なんだかなぁ・・・・・
西洋が、いとも簡単にクリスチャン人口1%を突破できたのは、ローマ帝国の威信のおかげだったり、土着信仰をマリア信仰に摩り替えに成功したためたり、魔女狩りの恐怖支配を続けた結果であると、早く認めたほうがよろしいと思います。

韓国のクリスチャン人口が25%程度なのは、そのほうがアメリカとお友達になるのに有利だからです。

 日本のクリスチャン人口がいつまでたっても1%以下なのは、歴史的見解から言えば、鎖国政策の以前、悪徳クリスチャンの一部がせっせと貧しい日本人婦女子を捕らえては性奴隷にして輸出していたせいだったからであるし、原爆を投下したB29に神父さんが乗っていたせいであるし、そもそも西洋のキリスト教のえげつない手口がことごとくバレてしまっているからです。 実が悪いから木も悪いと判断された結果です。

2016-02-04 木 19:42:05 | URL | TH [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad