■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
大震災に関するローマ法王の回答とは
未曾有の大地震から早くも2ヶ月が経過しようとしています。
私は、この震災に関するクリスチャンの反応を興味深く見ていましたが、
ついに、あのローマ法王が震災に関して言及したことが報道されました。
アサヒ・コムからの記事をそのまま引用して私の意見を書かせていただきます。


 ローマ法王ベネディクト16世が22日、イタリア国営テレビRAIの番組で、東日本大震災を経験した日本在住の少女の「どうして日本の子どもは怖くて悲しい思いをしなければならないの」との質問に答えた。

 質問したのは千葉市に住むエレナ・マツキさん(7)。自宅マンションのベランダで撮った日本語のビデオレターで尋ねた。

 これに対し、法王は「私も自問しており、答えはないかもしれない。(十字架にかけられた)キリストも無実の苦しみを味わっており、神は常にあなたのそばにいる」と答えた。

 ベネチア近郊に住む祖母ジアーナ・デル・リオさん(63)によると、エレナさんは地震発生時、10階の自宅に日本人の母親と一緒にいて、強い揺れを何度も経験。同年代の子どもがたくさん亡くなったことを知り、法王に質問をしたような疑問を抱いたという。

 法王は「悲しさは消えない。しかし、世界中の人たちがあなたたちのことを思っており、私は苦しむ日本のすべての子どもたちのために祈る」とも述べた。(前川浩之)


「なぜ悲しい思いをしなければならないのか」
この質問に対するローマ法王の回答は、
まったく普通のクリスチャンと変わらないお決まりの内容でした。

法王は「私も自問しており、答えはないかもしれない。」と言ったそうですが、
「答えはないかもしれない」ではなく、
要するに「答えられない」のです。

次に、十字架に付けられたキリストの話をお約束のように持ち出していますが、
キリストが十字架に付けられたことと今回の震災が、
一体何がどう関係あるのでしょうか。
クリスチャンは何でもかんでもキリストの十字架刑に結び付けるのがお好きです。
キリストが十字架に付けられてこの世の何が物理的にどう変わりましたか?

そして、「神は常にあなたのそばにいる」
とこれまたお決まりのセリフが出てきますが、
神が私たちのそばにいるから何がどうだと言うのでしょうか。
現に震災が起こってしまったではありませんか。
神はそばにいながら一体何をしていたのでしょうか。
クリスチャンはそれについては決して答えようとはしません。

少女は、「神がいるのになぜこんな思いをしなければならないのか」、
と質問しているはずです。
それなのに、ローマ法王は一見もっともらしく回答してはいますが、
結局は答えになっていないのです。
そんじょそこらの普通のクリスチャンとまったく同じレベルの回答なのです。
こんな人が「神の代理人」とは何とも滑稽です。

「私は苦しむ日本のすべての子どもたちのために祈る」
これまたクリスチャンの決まり文句です。
祈ったからと言って被災者の何がどうなるのでしょうか?
被災者にテレパシーが届くとでもおっしゃるのでしょうか?
神様が被災者に何かしてくれるのですか?

クリスチャンが「~のために祈ります」と言っているのは、
要するに自分が質問に答えられないのをごまかしているだけのことなのです。
私も牧師さんに悩みを打ち明けたことがありますが、
結局は「あなたのために祈っています」とお茶を濁されました。

良いことが起こったときだけ
「ほら、神様のおかげですよ、神様は本当にいるのですよ、
神様は祈りを聞いているのですよ、だから神様を信じましょう」
と、得意げに胸を張って神の正当性を説くのに、
悪いことが起こると
「神の御心は私たちには分からない」「~のために祈りましょう」
などとごまかすのがクリスチャンの習性なのです。
今回のローマ法王の発言で皆さんよく分かりましたね?

日本のクリスチャンは日本でキリスト教が普及しないことを嘆いていますが、
クリスチャン人口を増やしたいなら、
誰もが納得できる答えを用意してはいかがですか?
しかし、「神の代理人」でさえこの程度のことしか言えないのですから、
これで神の愛を信じろと言われても無理です。
あきらめてください。
 
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

キリスト教の事件簿 | 21:12:53 | トラックバック(1) | コメント(9)
コメント
大震災
 ローマ方法のコメントを興味深く拝見いたしました。 

 全知全能の神であれば大震災を止めることもできたでしょう。しかし、この現実をどうとらえるべきでしょうか?私なりに考えてみました。

 1 神は昼寝をしていて、震災に気がつかなかった。
 2 神は震災のことを知っていたが、手も足も出せなかった。
 3 神は存在しない。

 ところで、私は洗礼を受け、約20年教会に通っている(最近キリスト教はおかしいと気づいた)者ですが、震災後牧師の説教に注目していますが、被災者のために祈りましょうとは言っていますが、「震災と神」の核心的な話は全く出てきません。
 
2011-05-07 土 18:38:13 | URL | Y.N [編集]
これ、聖公会のクリスチャンが(笑)話題にしてたのを思い出します。


カトリック、教皇に対しては近年融和的な感じの聖公会。


意見も「政治的な配慮のもの」と教皇の肩をもつ(+ある程度皮肉)ものが多かったですね。



一方、福音派なんかはどうなんですかね?



私はカトリック教会にも通ってたからわかりますが、カトリックの「判断先伸ばし」は歴史的事件については常套手段です。


それも十字軍を900年ぶりに誤りとしたり(笑)など、数百年単位のレベルの話です(笑)
2011-05-09 月 00:47:22 | URL | 未信者 [編集]
Re: 大震災
>  全知全能の神であれば大震災を止めることもできたでしょう。しかし、この現実をどうとらえるべきでしょうか?私なりに考えてみました。
>
>  1 神は昼寝をしていて、震災に気がつかなかった。
>  2 神は震災のことを知っていたが、手も足も出せなかった。
>  3 神は存在しない。

これはズバリ3でしょう。
歴史上、神が現れたことはありませんから。
世界史の教科書にそんなことは書いていませんしね。


>  ところで、私は洗礼を受け、約20年教会に通っている(最近キリスト教はおかしいと気づいた)者ですが、震災後牧師の説教に注目していますが、被災者のために祈りましょうとは言っていますが、「震災と神」の核心的な話は全く出てきません。

まさにその通り。
クリスチャンは「核心」に触れたがりません。
キリスト教の世界では、核心に触れることを無意識に避けているように見えます。
2011-05-11 水 22:11:16 | URL | 桃栗 [編集]
Re: タイトルなし
> これ、聖公会のクリスチャンが(笑)話題にしてたのを思い出します。
> カトリック、教皇に対しては近年融和的な感じの聖公会。
> 意見も「政治的な配慮のもの」と教皇の肩をもつ(+ある程度皮肉)ものが多かったですね。
> 一方、福音派なんかはどうなんですかね?
> 私はカトリック教会にも通ってたからわかりますが、カトリックの「判断先伸ばし」は歴史的事件については常套手段です。
> それも十字軍を900年ぶりに誤りとしたり(笑)など、数百年単位のレベルの話です(笑)

私もそのことには疑問を感じていました。
900年も前の不祥事を今になって認めたところで何になると言うのでしょう。
認めるならそのとき認めてもらいたいものです。
「私たちはちゃんと過ちを認めています」と善人ぶるところが嫌いですね。
こんないい加減なカトリックがなぜ非難されないかというと、
それはキリスト教の中で最大の宗派だからです。
もしもエホバの証人みたいに少数派だったら、
非難されまくりだったかもしれません。
2011-05-11 水 22:21:02 | URL | 桃栗 [編集]
彼の言うことを気にすること自体おかしい
う~ん、「カトリック」を自称、僭称する「ローマ法王教」は、キリスト教系新興宗教集団であって、いわゆるまともなキリスト教ではないんですが。

その怪しげな新興宗教集団の「教祖様」であるローマ法王の言うことなどをまともに取り上げて、気にして、あ~だこ~だ評論すること自体、全く無意味・ナンセンスだと思いますが。真理を地に踏みにじっているあの男が、正しい意見など言えるわけがありません。
2011-05-13 金 16:17:58 | URL | しんきち [編集]
>しんきち様

横から失礼します。

>う~ん、「カトリック」を自称、僭称する「ローマ法王教」は、キリスト教系新興宗教集団であって、いわゆるまともなキリスト教ではないんですが。

とのことですが、そもそもこの世に「まともなキリスト教」なるものが
存在するのでしょうか?
もし存在するとしたら、それは具体的にどこのことで、
しんきち様は何をもって、そこを「まともなキリスト教」と判断したのでしょうか?
2011-05-15 日 05:40:06 | URL | ササキエル。 [編集]
カトリックはゲイとペドフィリアの宗教?
知人のカトリック神学校卒業者の証言によれば、この神学校の寄宿舎はゲイとペドフィリア(通常は両方を兼ねている)の巣窟で、神学生たちは毎晩掘りっこしていたそうです。周知の通り、カトリックの神父は妻帯できませんが、この神学校には「(成人女性に興味がないので)妻帯する必要がない人」ばかり入学してきていたのです。しかも将来は神父という立場を利用して好き放題に子供を犯せる、という訳です。ところが、この人にとっては不幸なことに、そして子供たちにとっては幸いなことに、この人の性的嗜好がばれてしまい、聖職には就けませんでした。
2011-05-15 日 09:11:47 | URL | 巨大虎猫 [編集]
Re: 彼の言うことを気にすること自体おかしい
> う~ん、「カトリック」を自称、僭称する「ローマ法王教」は、キリスト教系新興宗教集団であって、いわゆるまともなキリスト教ではないんですが。
>
> その怪しげな新興宗教集団の「教祖様」であるローマ法王の言うことなどをまともに取り上げて、気にして、あ~だこ~だ評論すること自体、全く無意味・ナンセンスだと思いますが。真理を地に踏みにじっているあの男が、正しい意見など言えるわけがありません。

せっかくですが、私のブログの主旨を誤解されているのではないでしょうか。
私はまさにそのようなことをクリスチャンに知ってもらいたいと思っているのですが。
2011-05-16 月 20:34:24 | URL | 桃栗 [編集]
Re: カトリックはゲイとペドフィリアの宗教?
> 知人のカトリック神学校卒業者の証言によれば、この神学校の寄宿舎はゲイとペドフィリア(通常は両方を兼ねている)の巣窟で、神学生たちは毎晩掘りっこしていたそうです。周知の通り、カトリックの神父は妻帯できませんが、この神学校には「(成人女性に興味がないので)妻帯する必要がない人」ばかり入学してきていたのです。

私はカトリック内部の世界はよく知らないのですが、
神父やシスターの結婚が禁じられているのは知っています。
よくよく考えてみれば、カトリックと言う世界は、
結婚しない、結婚できない、結婚に興味がない人たちが聖職者になり、
そういう人たちが指導することになるわけですよね。
そうするとそんな異常な寄宿舎があるのも頷けます。
2011-05-16 月 20:50:11 | URL | 桃栗 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ミシェル・フーコー『性の歴史』(新潮社)
概要  今や店頭ではアダルトが完全に済み分けされ、インターネット上でもフィルタリングや18禁確認が必要な時代です。さて、こういった性的なものが人目をはばかられるようになっ ...
2011-06-12 Sun 10:42:45 | 有沢翔治のlivedoorブログ

FC2Ad