■プロフィール

桃栗

Author:桃栗
このブログでのコメントは承認制です。原則として、書き込まれた順に承認・公開していきますが、承認までお時間をいただきます。★コメントへの返事は割愛させていただく場合がありますが★、寄せられたコメントはすべて目を通しています。初めての方はカテゴリーの中の自己紹介をお読みください。記事に直接関係のないご意見・ご感想・批判・賛同などはゲストブックへお願いします。多忙時は一時的にコメントの書き込みを制限する旨をお知らせすることがありますのでご了承ください。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
神様とはクリスチャン自身である
このブログを始めた理由の一つが、キリスト教を客観的に見つめてみたいと思ったことですが、
ブログを始めてから気付いたことがあります。
結局、全知全能の神って、誰のことだと思いますか?
そう、それはクリスチャン自身にほかなりません。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスチャンの独善性 | 23:46:42 | トラックバック(0) | コメント(29)
田原米子さんについて思うこと 2
昨年の7月30日に田原米子さんについて書きましたが、
まだ書きたいことがあります。
クリスチャンの世界では田原米子さんの人生は称賛一辺倒ですが、
私は平和ボケしているクリスチャンにあえて言わせていただきます。

自殺未遂を起こしてから立ち直ることがそんなに偉いですか?

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスチャンの独善性 | 23:48:17 | トラックバック(0) | コメント(10)
田原米子さんについて思うこと
田原米子さんという方をご存知でしょうか?
高校3年生の時に母を失ったショックで電車に飛び込み自殺を図り、
両足の膝から下を切断、左手も切断、
さらに右手の小指と中指を切断という瀕死の重傷を負いながらも、
療養中にクリスチャンの青年と出会ってキリスト教に入信し、
その青年と結婚して牧師夫人にまでなった人です。
私は田原米子さんに会ったことはありませんが、幼いころから何度となく話は聞かされ、
「自殺まで図った人がこうやって救われたのだから、やはり神はいるんだなあ」
と、いちおうは信じていました。
しかし、信仰を捨てた現在、やはりキリスト教の偽善性というものを強く感じます。

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスチャンの独善性 | 23:06:24 | トラックバック(0) | コメント(35)
主の十字架クリスチャンセンターとアライズ東京キリスト教会
私はこのブログで何度も発言してきましたが、
信仰が熱心(だと自分で思っている)なクリスチャンに限って、
どうも世間離れしているというか、
はっきり言うと頭がおかしな人が多い傾向があります。
そして最近、またその典型とも言える人が現れました。

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスチャンの独善性 | 21:41:12 | トラックバック(0) | コメント(33)
「○○のために祈ります」は、実は自分のため
私がYahooでブログを始めたのは確か2006年秋ぐらいだったと思います。
それから6年以上の月日が流れたことになります。
これまでの間、私はキリスト教に縛られてきた苦労を語り、
キリスト教に対して数々の疑問を投げかけてきました。
そして、コメント欄には、「桃栗さんのためにお祈りしています」という、
クリスチャンからのコメントが書かれたことが何度もあります。

この、クリスチャンが言う「○○のためにお祈りしています」という言葉、
私に言わせれば、祈り手の「自分自身のための祈り」でしかないのです。

続きを読む >>

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスチャンの独善性 | 21:49:57 | トラックバック(1)
次のページ

FC2Ad